menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   チューダー

TUDORチューダー

ブランドのはじまり

1926年、ロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフがスイスでスタート。

チューダーについて

チューダー(TUDOR)は、ロレックス(ROLEX)の創立者ハンス・ウイルスドルフがスタートしたスイスの腕時計ブランド。日本では「チュードル」の呼称で親しまれていたが、2018年、日本に本格上陸するにあたって「チューダー」に変更した。

チューダーの強みは、ブランド創立から変わらぬ精度、信頼性、高品質な点。特に、過酷な環境にも耐えられる強靭性・耐久性も魅力。主なモデルに、ダイバーズウォッチの「ペラゴス」と「ブラックベイ」、スポーツウォッチ「ヘリテージ」があげられる。

ブランドモチーフであるダイヤルに描かれる象徴的なチューダーローズのロゴは、当初1936年に盾とともに描かれていたもので、1960年にチューダーローズのロゴのみになり、その後盾のみになった。

チューダーの沿革・歴史

1926年、ロレックス創立者のハンス・ウイルスドルフの代理で腕時計メーカー「ヴーヴ ドゥ フィリップ ヒュンター」がチューダーブランドを商標登録。

1947年から1952年にかけて「チューダー オイスター」、「チューダー オイスター プリンス」コレクション、「チューダー アドバイザー」を発売。独自の広告キャンペーンを展開し、腕時計の強靭性、精度、信頼性を強調して伝えた。

1950年代には、優れた防水性も兼ね備えるプロフェッショナル ダイバーズウォッチを開発するため新プロジェクトを開始。初代「チューダー オイスター プリンス サブマリーナー」が1954年に誕生。テクニカル時計として、業界で確固たる地位を獲得していった背景には、その頃のレスキューダイバー、鉱山技師やラリードライバーなど過酷な環境で腕時計を着用したイラスト広告があった。

1970年にはブランド初となるクロノグラフを発表し、その翌年に「モンテカルロ」のニックネームをもつ「チューダー オイスターデイト クロノグラフ」を発売。その後も進化を遂げ、1976年には自動巻きのクロノグラフを発表した。

2010年、ヘリテージコレクションの初代モデルをバーゼルワールドで発表。「チューダー ヘリテージ クロノ」と「チューダー グラマー ダブルデイトモデル」を発売。

2012年、ダイバーズモデルの「チューダー ブラックベイ」と「ペラゴス」を発売。なお、2015年には「ペラゴス」にマニュファクチュール ムーブメントを搭載したモデルを発表している。

マニュファクチュールとは、2015年に発表した完全自社開発・生産・組立の機械式自動巻ムーブメント。自動巻システムはスイス公認クロノメーター検査協会(COSC)による認定を取得している。

公式サイト

https://www.tudorwatch.com/ja

News - チューダーのニュース

関連用語

関連ブランド

スケジュール

映画館「アップリンク吉祥寺パルコ」5スクリーンのミニシアター、インディーズからファミリー向けまで
12月14日(金)オープン
映画館「アップリンク吉祥寺パルコ」5スクリーンのミニシアター、インディーズからファミリー向けまで
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』“伝説の超サイヤ人”ブロリーが強敵に、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も
12月14日(金)公開
映画『ドラゴンボール超 ブロリー』“伝説の超サイヤ人”ブロリーが強敵に、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も
『春待つ僕ら』実写映画化 - バスケ×青春×ラブストーリーを主演・土屋太鳳で描く
12月14日(金)公開
『春待つ僕ら』実写映画化 - バスケ×青春×ラブストーリーを主演・土屋太鳳で描く
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る