FRANCK MULLER

フランク ミュラー

ブランドのはじまり

1991年、スイスのジュネーブにて創業。

フランク ミュラーについて

1991年、スイスのジュネーブにてフランク ミュラーが自身の名を冠したブランドを創業。

フランク ミュラーは、これまでにない構造の時計をいくつも発表し、フランク ミュラーは、「稀代の天才時計師」「ブレゲの再来 」と呼ばれる。

フランク ミュラー(Franck Muller)は1958年、スイスの生まれ。父はスイス人、母はイタリア人。時計学校(Swiss school of watchmaking)を卒業後、博物館やオーナーの依頼により、パテック フィリップヴァシュロン・コンスタンタンなど高い技術を要する高級時計の修復作業や、オリジナルの時計の研究及び創作活動を行う。

80年代、複雑時計がポケット・ウォッチの分野のみに留まっていたときに、複雑機能を搭載する腕時計というコンセプトを思い描き、研究を続ける。

86年、フリー・オシレーション(自由振動)トゥールビヨンと呼ばれる、ジャンピングアワー機能の付いた全く新しい構造を持ったトゥールビヨン腕時計を発表。この快挙で世界中から注目を集める。80年代にこのような複雑な時計構造のコレクションが出せるのは、ヴァシュロン・コンスタンタン、パテック フィリップなど、ごく限られたブランドだけだった。

その後、数十年で、30ピースを優に越える世界初の超複雑時計など革新的なシステムの製品を数多く世に送り出す。

91年、自身の工房を設立。創設から間もなく独自の地位を獲得。

スローガンは「Master of Complications」で、ミュラーのコレクションの裏蓋には、この文字が刻み込まれている。

フランク ミュラーは、スイスの時計作りの技術、伝統を十分に継承した、技術力、既存の時計からの発想の転換による新しい構造を作り上げる力を持つが、それだけではなく、自由発想による卓越したデザイン感覚、美的センスも同時に持ち合わせている。デザインでは、フランク ミュラーオリジナルでデザインしたトノー(樽)型の美しい3次元曲線ケース「トノウ・カーベックス」が有名。

97年、スイスのジュネーブ郊外ジャントにフランク ミュラーのグループの本社機能を集約するかたちでウオッチランドを設立。このグループは現在、フランク ミュラーを中心として、ピエール クンツロドルフバックス&ストラウスバルトレーマーティン ブラウンなどを抱えるまで成長している。

2007年には「アートコレクション」といったアール・デコなどをモチーフとしたシンプルかつ美しいデザインを発表している。

2008年、定価で約3億円の時計「エテルニタス メガ4」を発表。トゥールビヨン、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー(永久カレンダー)、グランド&プチット・ソヌリ、スプリットセコンドクロノグラフなど複雑機能が25種類ついている。

人気のラインは「コンキスタドール」「ロングアイランド」「カサブランカ」など。

2012年1月現在。50以上の特許を取得し、世界中に40店舗およびスイスに7か所の生産拠点を有している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.franckmuller-japan.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

フランク ミュラー取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介