FRANCK MULLER

フランク ミュラー

ブランドのはじまり

1992年、スイスのジュネーブにて創業。

フランク ミュラーについて

フランク ミュラー( FRANCK MULLER)は、時計師フランク・ミュラーが創設した、スイスの高級機械式時計メーカー。

過去にない構造の時計をいくつも発表したフランク ミュラーは、「稀代の天才時計師」「ブレゲの再来 」と呼ばれる。フランク ミュラーは、スイスの時計作りの技術、伝統を十分に継承した、新しい時計の構造を作り上げ、世界的に高い評価を得ている。

フランク・ミュラーは自身の時計哲学について次のように話す。
「時間に対する固定概念から抜け出し、もっと広い考え方を提案すべく、様々なアプローチで時計を作ってきた。時計は生き様の証。フランクミュラーの時計を身につける人にはどんどん新しい概念で時間をとらえていって欲しい。」

時間に対する固定概念から抜け出し、もっと広い考え方を提案すべく、様々なアプローチで時計を作ってきました。時計は生き様の証となります。フランクミュラーの時計を身につける人にはどんどん新しい概念で時間をとらえていって欲しいのです。」

デザインでは、フランク ミュラーオリジナルでデザインしたトノー(樽)型の美しい3次元曲線ケース「トノウ・カーベックス」が有名。人気のラインは「コンキスタドール」「ロングアイランド」「カサブランカ」など。

フランク ミュラーの沿革・歴史

1986年、数人の時計師と共に、時計の制作工房を開設。フリー・オシレーション(自由振動)トゥールビヨンと呼ばれる、ジャンピングアワー機能の付いた全く新しい構造を持ったトゥールビヨン腕時計を発表。
1992年、時計ブランド「フランク ミュラー」設立。

1995年、「FRANCK MULLER WATCHLAND」開設。

2013年、ロベルト カヴァリとコラボで時計コレクション「ロベルト カヴァリ×フランク ミュラー」を発表。その後もコラボレーションは続き「ロベルト カヴァリ バイ フランク ミュラー」として展開する。

2017年、25周年を記念した、iPhoneケースを発表。同年、京都でブランド25年の軌跡をたどるフランク ミュラーのエキシビション開催。

フランク ミュラーのデザイナープロフィール

フランク・ミュラー(Franck Muller)は、1958年、スイスの生まれ。父はスイス人、母はイタリア人。時計学校(Swiss school of watchmaking)を卒業後、博物館やオーナーの依頼により、パテック フィリップヴァシュロン・コンスタンタンなど高い技術を要する高級時計の修復作業や、オリジナルの時計の研究及び創作活動を行う。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.franckmuller-japan.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

フランク ミュラー取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介