International Watch Company

IWC

ブランドのはじまり

1868年、スイスのシャフハウゼンで創業。

IWCについて

1868年、スイスにて、アメリカ出身のビジネスマン、フロレンタイン・アリスト・ジョーンズ(Florentine Aristo Jones)が時計職人のヨハン・ハインリッヒ・モーザー(Johann Heinrich Moser)と創業。工場をスイスに置き、アメリカに販売会社としてIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー,International Watch Company)を設立した。

創業時からスイスの伝統的時計技術とアメリカの機械自動化の製造テクニックを融合させて、製造の効率化をはかる。アメリカ市場向けの高級時計を製造を試みる。

もともと懐中時計をメインに製造していたが、世界大戦を通して軍用時計を手がけた。以後、ミリタリーウォッチとしても高い評価を得る。

1954年、「インヂュニア」を発表。インヂュニアは耐久性、正確、耐磁機能に優れ、改良が続けられ現在に至るまで人気のモデルとなっている。

85年、パーペチュアルカレンダーを搭載したクロノグラフ「ダ・ヴィンチ」を発表。この時計のカレンダー機能には4桁のディスクデジタルの西暦表示があることからも話題を集めた。

93年、創立125周年を記念して、「イル・デストリエロ・スカフュジア」を発表。この複雑時計はスプリットセコンドクロノグラフと永久カレンダーとミニッツリピーターとトゥールビヨン機能を搭載し話題を集めた。

メルセデスと「インヂュニアオートマチックAMG」、ポルシェデザインと共同開発で世界初の2000m防水時計「オーシャン2000」などを発表している。

現在、IWCは、ヴァシュロン・コンスタンタンピアジェなどを傘下に置くリシュモングループに入っている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:https://www.iwc.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

IWC取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介