VACHERON CONSTANTIN

ヴァシュロン・コンスタンタン

ブランドのはじまり

1755年、スイスのジュネーブにて創業。

ヴァシュロン・コンスタンタンについて

ヴァシュロン・コンスタンタン(Vacheron Constantin)は、創業260年を超える時計メーカーで、現在残っているメーカーの中で世界最古の歴史を持つと言われている。

20世紀初頭には、ムーンフェイズやミニッツリピーターなど複雑なモデルを発表。トゥールビヨンなど複雑な機構を持つ機械式時計を作ることができる数少ないメーカーの1つ。

ビスポークサービスとして「アトリエ・キャビノティエ」も提供。どれだけの時間がかかるかは考慮に入れず、出来上がりの時計の外観を考え、そして機能とパーツを開発することを優先。顧客の希望を100%満たす、世界にたった1つの時計を完成させる。

ヴァシュロン・コンスタンタンの歴史は、1755年、24歳の時計職人のジャン=マルク・ヴァシュロン(Jean-Marc Vacheron)が、スイスのジュネーブにて創業したときまでさかのぼる。過去、バセロン・コンスタンチン、ヴァシュロン・コンスタンティンなどと呼ばれたこともあるが、これは本来の発音からは遠い。現在の社名「ヴァシュロン・コンスタンタン」となったのは、フランソワ・コンスタンタン(Francois Constantin)が加わり、海外事業を手がけるようになったときで、1819年と言われている。

現在は、ボーム&メルシエピアジェなど多数のスイスの名門時計メーカーを傘下に抱えるリシュモングループに入っている。

ヴァシュロン・コンスタンタンの沿革・歴史

1755年、ジャン=マルク・ヴァシュロン(Jean-Marc Vacheron)が、スイスのジュネーブにて創業。
1839年、ジョルジュ-オーギュスト・レショーが製造技師として加わり、パンタグラフを発明し、時計の製造に革命をもたらす。
1880年、ブランドのシンボル「マルタ十字」が誕生。これはゼンマイの巻き過ぎを防ぐために香箱に設けられたムーブメントを構成する部品に由来している。
1906年、ジュネーブのケ・ド・リルに初のブティックをオープン。
1955年、厚さ1.64mmのキャリバーを搭載した世界で最も薄い時計を発表。同年、ジュネーブ平和会議(4国巨頭会談)にてアイゼンハワー大統領などに4カ国の首脳に時計を贈呈。
1979年、「カリスタ」を発表。これには合計118個、総カラット数130カラットのダイヤを使い、当時としては最高値がついた。
1996年、高級スポーツウォッチの「オーヴァーシーズ」を発表。
2000年「マルタ」を発表。マルタは緩くカーブを描くケースが特徴的で、複雑時計からクラシックなモデルまでラインナップが多彩。シリーズはドレスウォッチの定番となている。
2005年、創業250周年を記念して、「トゥール・ド・リル」を製作。
2014年、日本初のブティックを東京・銀座にオープン。
2015年、創業260年を記念し、新コレクション「ハーモニー」を発表。同年、ヴァシュロン・コンスタンタンより史上最も複雑な時計な時計「リファレンス 57260」が登場。時計師3名から成るチームが8年以上の歳月を費やした、計57の複雑機構が組み込まれた大傑作だ。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.vacheron-constantin.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ヴァシュロン・コンスタンタン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介