NIKE

ナイキ

ブランドのはじまり

1972年、フィル・ナイトがNIKEを設立。

ナイキについて

ナイキ (NIKE) は、アメリカ合衆国オレゴン州に本社を置く、スニーカーやスポーツウェアなどスポーツ関連商品を扱う世界的企業。イノベーションを意識した商品展開により、今や世界のトップを走るスポーツ&フィットネスカンパニーに成長。ニューヨーク証券取引所に上場している。

NIKEは1972年に、フィル・ナイトが設立。社名の由来はギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」(Nike)であると言われている。NIKEの成功には、ビル・バウワーマンとフィル・ナイトのタッグが多きく影響した。

バウワーマンはジョギングをアメリカに紹介し、大学でトラック競技とフィールド競技における独自のトレーニングプログラムを作り上げたオレゴン州立大学の陸上コーチ。一方フィル・ナイトはバウワーマンの指導下の中距離ランナー、オレゴン州立大学では会計学を専攻していた。

両者はアメリカでスポーツシューズ業界を支配していたドイツのブランド、つまりプーマアディダスを退け、安くて機能性の高いシューズを展開したいとの発想で、1964年、会社を設立(このときの会社の名前はブルーリボンスポーツ社)、そして日本のタイガー社(現アシックス)から製品の輸入をはじめた。

タイガー社の靴の輸入販売が成功すると、自身の手で、新しいデザインの靴をデザインし、生産から販売まで行うことを考えた。ここに新しい会社「NIKE」が1972年に誕生。オニツカタイガーとナイキのコラボレーションで「ナイキ コルテッツ」を発表。

その後、天才中距離ランナー、スティーブ・プリフォンテーンはナイキのシューズをミュンヘンオリンピックなど大きな大会で着用、これがナイキのランニングシューズの成功に大きな影響を与えた。プリフォンテーンのカリスマ性と伝説に残る競争心がナイキ(NIKE)のイメージにもつながり、大きく成長した。

79年、エアを初めて搭載したテイルウインドを発表。82年、エアフォースⅠが誕生。また、80年代、バスケットボール選手マイケル・ジョーダンがデビューすると契約、エアジョーダンを発売、エアジョーダンのシリーズは日本でも爆発的な人気となった。その後、タイガー・ウッズなど数々スーパーアスリートのシューズやスポーツウェアを手がけて、偉大な記録、業績に貢献した。

90年には、サッカー関連製品にて急成長を遂げる。ブラジル代表のユニフォームをはじめ、ウェアからスパイクまで幅広く展開。サッカーでは後発であったのにも関わらず現在では多くのスター選手から支持されてるブランドに成長した。また90年代半ばにはナイキエアの分が見えるデザインにすることに成功。エアマックス95は社会現象とも言うべき爆発的なヒットを飛ばした。

2010年、シュプリームとのコラボレーションでエアジョーダンからインスパイアされたスニーカー「Supreme Nike SB 94」を発表。

このイメージのもとNIKEは、プーマ、アディダスなどスポーツ系のトップブランドを抑えて世界のトップブランドにまで成長した。

2012年6月、NIKEが傘下に置くブランドコールハーンアンブロを売却し、NIKE、ジョーダン、コンバース、ハーレーの各ブランドによる成長に集中する意向であることを発表した。

2014年、ジバンシィのクリエイティヴ・ディレクター、リカルド ティッシとのスペシャルコラボシューズ「ナイキ+R.T. エア フォース 1」を発売。発売後すぐに完売となる。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.nike.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ナイキ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介