TAG Heuer

タグ・ホイヤー

ブランドのはじまり

1960年、スイスにて創業。

タグ・ホイヤーについて

1960年、スイスのサンティミエにてエドワード・ホイヤー(Edouard Heuer)が創業。創業時はホイヤー社という社名だった。アラブ系の投資ファンド「タグ」に買収され、ホイヤーというブランド名から「タグ・ホイヤー」に改称。現在、投資会社の「タグ」からブランドは離れているが、ブランド名は継承された。

もともとスポーツウォッチの開発に優れており、評価を高める。

タグ・ホイヤーの歴史とスポーツは密接に関連している。モータースポーツへの貢献が有名で、自動車や航空機用のダッシュボードクロノグラフを開発。その後、数々のレースにて採用された。

100分の1秒まで計測できるクロノグラフが話題を呼んだ。1920年代~30年代にかけてオリンピックの時計に採用されている。

人気のラインは、アクアレーサー、リンク、モナコ、カレラ、グランドカレラなど。

現在はルイ・ヴィトンショーメゼニスなどを傘下に置くLVMHのグループに入っている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.tagheuer.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

タグ・ホイヤー取り扱い店舗

Data - タグ・ホイヤーの関連データ

用語: レース クロノグラフ ブランド: LVMH ショーメ ゼニス ルイ・ヴィトン

ブランド・デザイナー紹介