AUDEMARS PIGUET

オーデマ ピゲ

ブランドのはじまり

1875年、スイスにて創業。

オーデマ ピゲについて

1875年、ジュール・ルイ・オーデマ(Jules-Louis Audemars)とエドワール・オーギュスト・ピゲ(Edward-August Piguet )が創業。もともとジュール・ルイ・オーデマが時計の工房を開いており、その後、時計技術に優れたエドワール・オーギュスト・ピゲと意気投合し、自身の工房に迎えた。

複雑時計の研究、開発を進め、1889年のパリ万博で懐中時計の「グランコンプリカシオン」を発表。この時計にはパーペチュアル・カレンダーやスプリットセコンド・クロノグラフを搭載した。92年には世界最小のミニッツリピーターを搭載した懐中時計を発表。

1972年、「ロイヤルオーク」を発表。ロイヤルオークは、ラグジュアリーなスポーツウォッチ、耐久性の高さが評価され、圧倒的な人気を得る。高級スポーツウォッチの、先駆け的なモデルとしても有名で、オーデマ ピゲの売上の多くを占めている。

薄い手巻きムーブメントの開発など技術力はもちろんのこと、スポーティなデザイン、アンティークなデザイン、モダンデザインまでデザインの幅が広く、そのセンスは高く評価されている。時計のコレクターにも愛される人気ブランド。

現在に至るまで同族企業として創業者一族が経営を引き継いでいる。資本関係としては、ジャガー ルクルトに投資していたが、リシュモンが同ブランドを買収。今でも一部株式を保有していると言われている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.audemarspiguet.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

オーデマ ピゲ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介