Paul Smith

ポール・スミス

ブランドのはじまり

1970年、ポール・スミスがノッティンガムにショップを開く。

ポール・スミスについて

1946年、イギリスのノッティンガムに生まれ。1970年、イギリスのノッティンガムにマーガレット ハウエルケンゾーを扱うセレクトショップとしてスタートした。70年代半ばあたりからポール スミスのロゴ入り、オリジナル・シャツを販売を開始する。

オリジナルのネクタイやシャツなど好評を博し、次第にポール スミスの名がイギリス国内に広がってゆく。特徴はメンズウェアのブランドとして始まり、イギリスのテイラードの伝統的なスタイルを継承しつつ、機能性、実用性を重視、色使いはカラフルで派手なプリントを配したものが多く、全体的に優しい印象を与えるアイテムが多い。ポール・スミス本人はこれを「ひねりのあるクラシック」と定義している。その手法「ファイロファックス」、「ボクサー・ショーツ」や「8ボタンのポロシャツ」等を世に輩出した。

1976年、パリ・コレクションに初参加。1979年、ロンドンのコベット・ガーデンにショップをオープン。1982年、日本企業のジョイックス・コーポレーションと業務提携を開始、1984年には南青山に直営店をオープンした。ポール・スミスの店舗は拡大を続け、現在では百貨店の定番ブランドとなっている。

93年、レディスライン、「ポール・スミス ウィメン」、カジュアルラインとして「アール・ニューボールド」を発表。ポール スミス ウィメンではアクセサリーから香水、靴までトータルで手がけている。

また同年、ポール・スミスのアイウェアライン「ポールスミススペクタクルズ」を発表。これは、アメリカのアイウェアブランド、オリバーピープルズとのコラボレーションによるものである。ポール・スミスのショップで、オリバーピープルズのアイウェアを取り扱ったことがきっかけとなったとのこと。

95年に輸出功績を称えられ、エリザベス女王より「クイーンアワード」を授与される。1999年「ポール・スミス シューズ」を発表。2000年には「サー」の称号を受けた。

2006年3月、東京・神宮前5丁目に日本初の複合ショップ「Paul Smith SPACE」をオープンする。このショップは、MEN、WOMEN、アクセサリーの全ラインが揃う旗艦店。

2010年、ミネラルウオーター「エビアン」のボトルをデザイン。

コレクションライン以外にも、カジュアルライン、シューズ、マフラー、時計、財布、香水などアイテムの拡大とともにブランドも成長、ポール・スミスは一代でブランド帝国を築き上げた。

2016年秋冬シーズンより、新ディフュージョンライン「ピーエス バイ ポール・スミス(PS by Paul Smith)」をメンズ&ウィメンズコレクションでスタート。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.paulsmith.co.jp/

ブランド・デザイナー紹介