Patek Philippe

パテック フィリップ

ブランドのはじまり

1839年、スイスのジュネーブにて創業。

パテック フィリップについて

パテック フィリップ(Patek Philippe)は数ある時計メーカーの中でも最も高価な腕時計を生産、販売するメーカー。時計生産の技術が非常に高いことで有名。

「卓越性の追及」「伝統に未来を与える」を創業時から掲げ、独自の品質基準により、ムーブメントなど時計の製造工程をすべて自社内っている。すべての製造工程を社内で行う会社は高級時計メーカーが数揃うジュネーブの中でもパテック フィリップのみと言われ、ジュネーブ最後のマニュファクチュールと言われている。

技術革新を追及し、最も多く機能を搭載した複雑時計や革新的な機能を発表した。クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンド・クロノグラフ、ミニッツリピーターのパイオニア的な存在でもある。

パテック フィリップは、1839年、スイスにて、アントワーヌ・ノルベール・ド・パテック(Antoine Norbert de Patek)とフランソワ・チャペック(François Czapek)が創業。パテックはポーランドからの亡命貴族でスイスに来て高級懐中時計の製作にたずさわる。主にセールスを担当した。一方、チャペックは時計職人だった。創業時の社名は「Patek, Czapek & Cie」で後に何度か改名され、1932年に現在の「Patek Philippe SA(パテック フィリップ・SA)」となった。

1844年、パテックは、博覧会のために訪れたパリにてフランス人のジャン-アドリアン・フィリップに出会う。フィリップは、後に、竜頭による巻上げ、時刻合わせの機構など数多くの発明をするような天才時計職人だった。パテックとフィリップの二人は意気投合し、製作を共にするようになる。51年、フィリップが正式にパテックの会社の事業パートナーとして参加し、社名を「Patek & Philippe Cie」に変更。(なお、チャペックは45年に会社から離れている。)

1851年、ロンドンの万博で展示した懐中時計が金賞を受賞。ヴィクトリア女王も時計をオーダーした。1868年には初の腕時計を作成。

パテックの死後、フリップ家がパテック・フリップの経営を行っていたが、1932年、シャルルとジャンのシュテルン兄弟が会社の経営を引き継ぐ。同年、「カラトラバ」を発表。このラインはドレッシーかつクラシカルで、ドレスウォッチの定番となっている。

1933年、銀行家のヘンリー・グレーブス・ジュニアがティファニーを通じて注文した「史上一番複雑な懐中時計」を製作。24の機能が搭載された複雑時計「グレーブス・ウォッチ」は、89年に同社製の「キャリバー89」が登場するまで最も複雑な機構を持つ時計だった。2005年、時計史上最高となる約1100万ドル(11.5億円)で取引された。

日本では昭和天皇がしばしばパテック フィリップの時計を身につけていた。

2008年、パテック フィリップのトゥールビヨンの腕時計「Ref. 5002P Sky Moon Tourbillon」に1.49万ドル(約1.6億円)の値がつけられた。これはヴァシュロン・コンスタンタンの製作した「Tour de l'Ile」を抜いて近年製作された腕時計では史上最も高く値がついたもの。

このようなことから、世界で最も高い時計メーカーと言われる。ロレックスの時計は価値が落ちないため換金性が高いと言われる一方で、パテック フィリップの時計は価値が上がると言われ、投資の対象にもなる。

※時計の値段の最高値とある中には宝飾時計を除外しています。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.patek.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

パテック フィリップ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介