menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ゼニス

ZENITHゼニス

ブランドのはじまり

1865年、スイスのル・ロックルにて創業。

ゼニスについて

1865年、ジョルジュ・ファーブル・ジャコがスイスのル・ロックルにて創業。ロックルは創業当時22歳の若者であった。当初は会社に自身の名を冠していたが後に「ゼニス」という名前に変更。ゼニスは「天空の最高点」を意味している。

ロックルは、時計製造におけるマニュファクチュールというコンセプトを最初に作り上げた。時計製造職人を一つ屋根の下に集め、暖かさと光を確保し、時計製作に集中して取り組める環境を整えた。マニュファクチュールに加え、機械化による大量生産システムを早いうちに導入したこともあり、事業は拡大。10年程度で1000人を雇用する工場に発展し、懐中時計、振り子時計、海軍用計測器を製造した。

1896年、ジュネーブのスイス国内見本市で金賞を受賞。さらに事業は拡大し、1920年代までには、ヨーロッパ全土、アメリカ、アジアまで世界展開している。また、そのクオリティーの高さが認められ、イタリア軍、アメリカ軍、ドイツ軍などにミリタリーウォッチとしても採用された。日本でも鉄道時計として採用されている。

69年、毎時36,000振動で時を刻む「エルプリメロ」を発表。これはモバードと共同開発されたもので、現在も、世界最速かつ最も精密な自動巻きクロノグラフの地位を守り、時計の中でも特別な地位を確立している。

99年、LVMHのグループに入る。グループの中で、ルイ・ヴィトンロエベセリーヌ、クリスチャン ディオールジバンシィ・クチュール、ケンゾー・クチュール、エミリオ・プッチフェンディダナ キャランタグ・ホイヤーショーメ等が関連企業にあたる。

公式サイト

http://www.zenith-watches.com/

News - ゼニスのニュース

Shop - ゼニスの取り扱いショップ・店舗

北海道

関東

東海

近畿

九州

Shop Search - ゼニスの取り扱いショップ・店舗検索

ゼニス取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る