menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ピエール クンツ

PIERRE KUNZピエール クンツ

ブランドのはじまり

2002年、スイスのジュネーブにて創業。

ピエール クンツについて

ピエール クンツは高級機械式時計のブランド。

ピエール クンツ(Pierre Kunz)。1959年、スイスのベルンにて生まれる。ヴァレ・ド・ジューの時計学校に入学し、コンプリケーションの技術を習得。卒業後は名門工房として知られるヴィクトラン・ピゲでキャリアを積む。主にパテック フィリップ向けにパーペチュアルカレンダーなどを製作した。

その後、独立して工房を構え、アンティークウォッチの修復に携わる。その後、グランド・コンプリケーションを製作するめたにメーカーの時計師として開発に携わる。

97年、フランク ミュラーの工房に入社。ピエール クンツはユニーク・ピースの製作などに携わる。ピエール クンツのアーティストとしての才能を高く評価したフランク ミュラーが、自身のグループであるウオッチランドから、新しいブランドを創設するよう提案。こうして、2002年、自身の名を冠した時計ブランド「ピエール クンツ(PIERRE KUNZ)」がスタート。

その後、ピエール クンツは、数々の複雑時計の製作を進める。ピエール クンツの特徴は、多くのモデルに秒、分、時間、曜日など、さまざまな点でレトログラードを搭載するところ。

伝統とモダンを融合させた独自の手法により、モードとクラシックの両要素を持ち合わせる。そのデザインは、どこかポップであり、ユニーク。特に時計の表示方式のアイデアは他の追随を許さないものとなっている。

例えば、ピエール クンツの「トゥールビヨン・アール・デコ」モデルは、難易度の高いトゥールビヨンの技術に加え、アール・デコなどをモチーフとしたハイセンスで芸術的なデザインを組み合わせた時計に仕上がっている。

公式サイト

http://www.pierrekunz.jp/

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る