LONGINES

ロンジン

ブランドのはじまり

1832年、スイスにて創業。

ロンジンについて

オーギュスト・アガシ(Auguste Agassiz)がスイスのサンティミエで、時計部品の流通業社で働き始めたことが、現在の時計ブランド、ロンジンの起源。1年後、アガシはフローリアン・モレル(Florian Morel)たちと共に、「Comptoir Raiguel Jeune & Cie」を設立。創業時は、主に時計の組み立てなど下請けを的な業務を行っていた。

1847年に、オーギュスト・アガシが単独オーナーとなり、1862年から甥のアーネストが経営を引き継ぐ。

アーネストは生産体制の見直しと劇的な改善を行う。当時、時計製作の多くは家内工業で、それぞれの工房で分担するようなかたちで、部品の製造から組み立てなどを行っていたが、アーネストはこのシステムを見直し、部品製造から組み立てまでを一貫して行った。

1867年、初の自社製ムーブメント「L20A」を発表。リューズによってゼンマイを巻き上げ、セットする画期的な方式だった。1885年にはアントワープの万国博覧会でグランプリを受賞。その後も数々の万博でグランプリや金賞を獲得。1905年には初の腕時計を発表。

20年代にはアール・デコ様式のコレクションを発表、また、ダイヤモンドやサファイアを使った宝飾時計も発表した。ロンジンはダイヤモンドなどを使用したタイプの時計にも定評があり、ダイヤモンドのアワードでも数々の賞を受賞している。

27年、リンドバーグが、初めて単独で大西洋無着陸横断飛行を成功させた際にはめていたのがロンジンの時計だったという逸話ものこされている。リンドバーグの他、有名なところでは、エルビス・プレスリーなども愛用したと言われている。45年、自動巻きムーブメントを発表。これは双方向回転ローターを搭載したタイプで、キャリバー「L22A」。

72年、「ソリッド・シルバー・ウォッチ」を発表。これはフランス人デザイナー、セルジュ・マンゾンが手がけたもの。82年、ロンジンの創立150周年を記念して、「アガシ(Agassiz)」を発表。これは防水性が高く、非常に薄いラグジュアリーな雰囲気のゴールド・ウォッチで、後のロンジンのモデルにも大きく影響を与えるものだった。

2001年、「ドルチェヴィータ ダイヤモンド」を発表。これはダイヤモンドを散りばめたラグジュアリーな女性用の腕時計として話題となった。

現在はブレゲティソラドーオメガグラスヒュッテ オリジナルなどを傘下に置くスウォッチのグループに属している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.longines.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ロンジン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介