WATCHLAND

ウオッチランド

ブランドのはじまり

97年、スイスにてフランク ミュラーのブランドの本社機能として設立。

ウオッチランドについて

ウオッチランドは、1997年、スイスのジュネーブ郊外ジャントにフランク ミュラーのグループの本社機能を集約するかたちで設立。現在、フランク ミュラーを中心として数多くの機械式時計のブランドを傘下に抱える企業として存在している。(ウォッチランドグループはフランクミュラーグループとも言われる。)

2001年、ウオッチランドとして活動を始める。また、同年、ジュエリー関連の部門を設立。共同設立者でもあるバルタン・シルマケスが宝石技術者の家系に生まれていることもあり、ジュエリー関連でも優秀なスタッフと技術を持ち合わせている。

ウオッチランドの本社が置かれるジュネーブとバーゼルの中間に位置する場所は、古くから時計産業が盛んで、ウォッチ・バレーと呼ばれる。なお、本社はエドモン・ファティオによって作られた城館を改修したもので、ネオ・ゴシック・スタイル美しい建築。

グループ全体として熟練した時計技術者を多数抱え、伝統的で厳格な時計製作の技術をベースに、デザインや最新鋭のハイテク機器との融合など革新を目指すマニュファクチュール。

ムーブメントの開発はもちろんのこと、その部品の製造などにおいても、コンピューターを駆使した最先端機器を用いた素材の研究開発がなされる。金属材料に関してはメッキ加工などもグループの工房で行われる。厳密な品質管理がなされていることはいうまでもない。

毎年4月に「WPHH」と呼ばれるグループのエキシビジョンが行われる。

ウオッチランドグループのブランド

フランク ミュラー
ピエール クンツ
ヨーロピアン・カンパニー・ウォッチ
バルトレー
マーティン ブラウン
ロドルフ
バックス&ストラウス

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介