diptyque

ディプティック

ディプティックについて

ディプティック(diptyque)は1961年創業のパリのアロマキャンドル・ブランド。フランスの美術学校、ボザール出身のDesmond Knox-Leet、Yves Coueslant、Christiane Gautrotの3人が集まって、サンジェルマン大通りに店を構えたのがブランドの始まり。

ブランド開始当初はファブリックを中心としたインテリア雑貨を中心に扱っていたが、63年にオリジナルのアロマキャンドルを販売すると、それが大きな評判となった。1968年、オードトワレを発表し、これも人気となる。これを機にブランドの方針を転換。

現在は、アロマキャンドル、オードトワレ、石鹸、ルームコロン、ヘアー&ボディーウォッシュ、香水を中心にした展開。キャドルの香りは54種取り揃え、「BAIES:べス」(カシスの葉&ブルガリアローズ) などが人気。良質の香料を使用し、長時間かけて調合する。香水ではL'Eauが人気となりシリーズ化している。

セレブご愛用のアロマキャンドルのブランドとしての地位を確立。パリ、ロンドン、ボストン、サンフランシスコなどに店舗を構える。

2005年、ロンドンに拠点を置くManzanita Capitalによって買収される。

2013年12月、東京・青山に日本1号店となる旗艦店をオープン。店舗デザインに日本の伝統文化を取り入れている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.diptyqueparis.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ディプティック取り扱い店舗

Data - ディプティックの関連データ

用語: ファブリック ブランド: ブルガリ

ブランド・デザイナー紹介