JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン

ブランドのはじまり

1992年、「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」のチーフ・デザイナーに就任し、東京コレクションにデビュー。

ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソンについて

「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS)」は日本のウィメンズブランド。メンズは「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS MAN)」。デザインの特徴としてはツイードやデニム、チェック柄などを多く使用しトレードマークに近い存在となっている。

デザイナーの渡辺淳弥(Junya Watanabe)は1961年、福島県に生まれる。84年、文化服装学院デザイン科を卒業し、コム デ ギャルソンに入社。1987年、トリコ・コム デ ギャルソンのデザイナーに就任。

初めてのソロコレクションは1992年、「ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン」のチーフデザイナーに就任し、東京コレクションにデビューしたとき。その1年後の1993年に、パリ・プレタポルテコレクションにデビュー。(渡辺の名前でデザインされ、コレクションを発表したが、渡辺はコム デ ギャルソンの社員)

1995年度日本エディターズ・クラブのデザイナー賞を受賞。1999年、第17回毎日ファッション大賞で大賞を受賞。

2001年、初めてのメンズコレクションをパリで開く。リーバイスとのコラボレーションでデニム生地中心のものであった。2003年、レディスウェアライン「コム デ ギャルソン・ジュンヤ ワタナベ マン ピンク」の展開を始める。(2005年秋冬に終了)

2004年、ダウンウェアで有名なモンクレールとのコラボレーションでダウンジャケットのライン「モンクレール ジュンヤ ワタナベ・コムデギャルソン」をスタート。

2008年、トリッカーズバラクータとのコラボレーションが発表。

2013年、ロエベとともに「Loewe and JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS(ロエベ アンド ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン)」を発表した。

【渡辺淳弥が手がけているライン】
・JUNYA WATANABE COMME des GARCONS(ジュンヤワタナべ・コム デ ギャルソン:1992年~)
・JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN(コム デ ギャルソン・ジュンヤワタナべ マン:2001年~)
・JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN PINK(コム デ ギャルソン・ジュンヤワタナべ マン ピンク:2003年~2005年AW)
・COMME des GARCONS HOMME(コム デ ギャルソン・オム:1978年~、渡辺は2003年からデザイン担当)
・eYe JUNYA WATANABE COMME des GARCONS MAN(eYe コム デ ギャルソン・ジュンヤワタナべ マン:コム デ ギャルソン・ジュンヤワタナべ マンのセカンドライン 2005年~"

[ 続きを読む ]

Data - ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソンの関連データ

用語: セカンドライン ツイード ダウンジャケット ブランド: コム デ ギャルソン トリッカーズ バラクータ モンクレール リーバイス ロエベ

ブランド・デザイナー紹介