ホーム > ファッション用語集 > 時計用語 > 複雑時計:Complicated Watch

複雑時計:Complicated Watch

解説:複雑時計について

時計の中に高度な技術が込められている時計。コンプリケーションともよばれる。

「クロノグラフ」、「ムーンフェイズ」なども複雑時計と表現されるが、特に「トゥールビヨン」、「ミニッツリピーター」、「永久カレンダー(パーペチュアルカレンダー)」などは高い技術が求められ、超絶技術と呼ばれる。

・トゥールビヨン
部品を磨くだけでも職人が1ヶ月ががりで時間を費やす。その中には100前後のパーツが詰められている。これを搭載すると600万円以上に値段が跳ね上がることが多い。
・ミニッツリピーター
時計の側面のレバーを引くことで、鐘の音色や回数で現在時刻を知らせてくれる。
・永久カレンダー(パーペチュアルカレンダー)
-うるう年も計算するが、400年に3回うるう年がこない年があり、これまでも反映させる機能を作ったのがアンデルセン、フランク・ミュラー。

その他、スプリットセコンド・クロノグラフ、レトログラード、パワーリザーブ・インジケーター、ムーンフェイズなども複雑時計の機構として数えられることが多い。

Brands - 用語「複雑時計」が使われているブランド

ヴァシュロン・コンスタンタン

…ルタは緩くカーブを描くケースが特徴的で、複雑時計からクラシックなモデルまでラインナップが多彩。シリーズはドレスウォッチの定番となている。 2005年、創業25…

IWC

…デストリエロ・スカフュジア」を発表。この複雑時計はスプリットセコンドクロノグラフと永久カレンダーとミニッツリピーターとトゥールビヨン機能を搭載し話題を集めた。 …

パテック フィリップ

…技術革新を追及し、最も多く機能を搭載した複雑時計や革新的な機能を発表。クロノグラフ、パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンド・クロノグラフ、ミニッツリピータ…

オーデマ ピゲ

…意気投合し、自身の工房に迎えた。 複雑時計の研究、開発を進め、1889年のパリ万博で懐中時計の「グランコンプリカシオン」を発表。この時計にはパーペチュアル…

エベル

…となった。 エベルは、宝飾時計から複雑時計まで幅広く手がけるが、近年はスポーティかつモダンな路線の時計を発表している。新素材の開発及び導入も積極的におこな…

ジラール ペルゴ

…創業。19世紀後半、トゥールビヨンなどの複雑時計を発表し、高い技術力を示す。 1906年にジラールの工房がジャン・フランソワ・ボットの工房を吸収するかたち…

パルミジャーニ フルリエ

…どのプロフェッショナルを抱え、最高品質の複雑時計を製作している。マニュファクチュール化を達成した今でも時計の修復は行っているという。 創業者のミッシェル・パル…

ピエール クンツ

… その後、ピエール クンツは、数々の複雑時計の製作を進める。ピエール クンツの特徴は、多くのモデルに秒、分、時間、曜日など、さまざまな点でレトログラードを搭…

ジャンリシャール

…トゥールビヨンやミニッツリピーターなどの複雑時計も発表している。デザインはイタリアンテイストでドレッシー、モダン、クラシカルな要素をバランス良く取り入れており、…