CONVERSE

コンバース

ブランドのはじまり

1908年、アメリカのマサチューセッツ州にてマーキス・M・コンバースが創業。

コンバースについて

コンバース(CONVERSE)は、1917年、バスケットシューズとして誕生。「オールスター」をはじめ「ジャックパーセル」「ワンスター」が、代表的なアイテム。現在に至るまでスニーカーの定番として世界的に人気のブランド。100年以上にわたる歴史の中で、スポーツ、ストリート、カルチャー、ファッションなど様々なジャンルで愛された。

また、コンバースの究極のシューズラインとして「コンバース アディクト(CONVERSE ADDICT)」を展開。2008年に発表されてから絶大な支持を受けているハイエンドモデルで、コンセプトはタイトルにある通り”ADDICT(=依存する、中毒)”。ヴィンテージを彷彿とさせる、三ツ星ヒールパッチやプレイヤーズネーム、ソールの厚み等、復刻ならではの特徴も残しつつ、素材もグレードアップさせたビブラムソールやアウトラストを導入することで履き心地により一層磨きをかけ、機能的にも新たに進化を遂げた。

コンバースの沿革・歴史

1908年、アメリカ・マサチューセッツ州にてのデパート経営者だったマーキス・M・コンバースが創業。創業期は主にラバーシューズを製造していた。17年、世界初のバスケットシューズ、「キャンバス オールスター」を発表。35年、バドミントン&テニスプレイヤーのジャック・パーセルが開発に参加し、「ジャックパーセル」を発表。様々なスポーツのパフォーマンスにおいてアスリートを足から支えた。2003年、ナイキが買収し、コンバースの運営を引き継ぐ。

2008年、コンバースの究極のシューズライン「コンバース アディクト」を発表。

2015-16年秋冬コレクションより、アパレルブランド「コンバース トウキョウ(CONVERSE TOKYO)」が誕生。東京を代表するデザイナー・クリエイターを中心に“TOKYO”だからこそ表現できるカルチャーやファッション、“JAPAN”だからこそ実現できる技術を大切にしながら、新しい価値やライフスタイルを提案。テーマは、“歴史性と時代性を併せ持つ、ベーシックでクリエイティブなライフスタイル”。

コンバース トウキョウは、ファセッタズムの落合宏理をデザイナーに迎えて、カプセルコレクション「コンバース トウキョウ ワン(CONVERSE TOKYO ONE)」や、クラネ(CLANE)と「コンバース トウキョウ × クラネ」を発表。

2017年、オールスター生誕100年を記念し、よりタフに、快適に進化した「ALL STAR 100」やアルベール・エルバスをゲストデザイナーとして迎えた新ライン「AVANT CONVERSE」が登場。

その他、ファッションブランドや著名人とのコラボレーションも多く、GAPとコラボした「(Product) Red」、藤原ヒロシ、ジョン バルベイトスマスターマインドジャパン、N.ハリウッドノンネイティブアンテプリマなど数多くのブランドとコラボレーションモデルを発表しきた。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.converse.co.jp/

ブランド・デザイナー紹介