Calvin Klein

カルバン クライン

ブランドのはじまり

1968年、カルバン クラインが自身の名を冠したブランド「カルバン・クライン」を設立。

カルバン クラインについて

カルバン・クラインはアメリカのファッションブランド。アパレルを中心にアクセサリー、アンダーウェア、フレグランスなど幅広く展開している。

アメリカントラディショナルをベースにした機能的でマスキュリンなシンプルデザインが特徴。「全てはカッティングから始まる」という言葉通り、ボディラインを強調した洗練されたシルエットがニューヨークのキャリアウーマンに受ける。「働く女性」の普及の流れに乗るような形で成功した。

カルバン クライン(Calvin Klein)は1942年、アメリカニューヨーク生まれ。独学で縫製を学んだ後、ニューヨークのスクール・オブ・アート・アンド・デザインに入学。その後、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に進学し、62年に卒業。

大学卒業後は、ダン・ミルシュタイン・ハウス・オブ・デザインでアシスタントデザイナーを務め、その後ドレスメーカー数社で経験を積む。

68年、バリー・シュワルツと共にコートを扱うアパレル会社を設立、同時にレディースウェアのプレタポルテ・コレクションを開始。

ブティックにあるカルバン・クラインのデザインを百貨店の経営者が見て、拡大路線を進めたことがきっかけで70年代からスポーツウェアのフル ラインに向けて動き始める。1972年にスポーツウェア部門 、化粧品・香水の会社を設立。

73年、最年少で「コティ賞」を受賞。以後1975年まで、3年連続この賞を受賞する。70年代後半以降は、下着なども手がけてゆく。またこの時期、デザイナーデニムも開始。当時ブルックシールズが「カルバンのジーンズと私の肌の間には何も入れない」と言ったことが話題となり、カルバン・クラインのジーンズは一躍有名となる。

93年、レディース・メンズ両部門で「デザイナー・オブ・ジ・イヤー」受賞。1995年、ヨーロッパでカルバン・クライン コレクションを発表。

2004年春夏シーズンより、フランシスコ・コスタがレディースコレクションのデザイナーを務め、イタロ・ズッケーリがメンズコレクションのデザイナーを勤める。

2013年、セカンドライン「ckカルバン・クライン」の名称を「カルバン・クライン プラチナムレーベル」に変更。クリエイティブ・ディレクターはケヴィン・ケリガンがckの時より引き続き担当することになった。同年、ジーンズとアンダーウェアのライセンス事業を再取得。クリエイティブ・ビジョンの統一を進める。

2016年、カルバン・クライン コレクションのウィメンズ部門のフランシスコ・コスタ、メンズ部門のイタロ・ズッケーリの両クリエイティブ・ディレクターが退任。

2016年8月2日、ラフ シモンズのデザイナー「ラフ・シモンズ(Raf Simons)」がチーフ・クリエイティブ・オフィサーに就任。シモンズの最初のコレクションは、2017年秋のシーズンに披露される。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.calvinklein.com/

ブランド・デザイナー紹介