GAP

ギャップ

ブランドのはじまり

1969年、アメリカのサンフランシスコで、ジーンズ専門店として、GAP(ギャップ)が設立。

ギャップについて

GAPは世界中で約4000店を持つ、企画、生産、販売まで一貫して行うブランド。GAPの他に、オールド・ネイビーとバナナ・リパブリックといったブランドを展開している。

GAPの創業は、1969年、アメリカ、サンフランシスコのジーンズ専門店(リーバイスなども取り扱った)を始めたところにある。創業者はドナルド・フィッシャー(Donald Fisher)。成長に伴い、衣服、アクセサリー、子供服としてラインナップを増やしていく。

GAPのコンセプトは「クリーン、オールアメリカン、シンプル、グッドデザイン」で、基本は、トレンドに左右されないベーシックなデザインにあるが、時代の流れ、シーズンによりトレンドを取り入れながらデザイン性の高い製品も展開する。

GAPの成長はライフスタイル提案型の展開にある。コマーシャルにはミュージシャン、ダンサーなどを起用して、GAPの製品を超えた、ライフスタイル、着ることへの楽しみなど、イメージに訴えたCMや広告を展開。ボブディランもCMでコラボレーションした。

さらにGAPはファッション業界のシステムに、一つの流れを作り出す。それは、デザイン、製造、物流、販売、マーケティングを自社で一貫して行うもので、このような製造販売のスタイルはSPA型の運営という一つの流れを作り出した。この手法で、世界で統一したイメージを作り出し、ライフスタイルの提案をより強固なものとした。

同様の手法をとるブランドが、スウェーデンのH&M、日本のユニクロ、スペインのZARA、イギリスのトップショップなどにあたる。

2007年、パトリック ロビンソンがデザイナーに就任。ロビンソンは、デザイナーだけではなく、上級副社長(シニア・バイスプレジデント)も兼任している。新鋭デザイナーとの限定コラボレーションライン「ギャップ・デザイン・エディションズ」をスタート。ドゥー リータクーンロダルテとコラボレートする。

2008年、2回目の「ギャップ・デザイン・エディションズ」として3.1 フィリップ リムバンド オブ アウトサイダーズ、マイケル・バスティアン、スリー・アズ・フォー、フィリップ・クランジとコラボレートした。

2008S/Sシーズン、ピエール アルディとコラボレーションでシューズのカプセルコレクションを発表。アルディのコレクションを1万円前後の価格で販売する。GAPがシューズデザイナーとコラボレーションをするのは初めての試みとなる。

2009年、「ギャップ・デザイン・エディション・プロジェクト」にてアレキサンダー ワンアルバトス スワンポエルヴェナ カヴァらCFDA・ヴォーグ・ファッション・ファンドのファイナリストとのコラボレーションを発表。同年、ステラ マッカートニー、コラボレーションで子供服を発表。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://gap.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ギャップ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介