Tom Ford

トム フォード

ブランドのはじまり

2005年、トム フォード はドメニコ・デソーレと共にトム フォード社を設立。またグッチとイヴ サンローランの元デザイナー。

トム フォードについて

トム フォード(Tom Ford)はインターナショナルラグジュアリーブランド。メンズウェア、ウィメンズウェア、アクセサリーからコスメティックアイテムまで幅広く展開している。

創業者のトム フォード(Tom Ford)は1962年、アメリカテキサス州オースティンの生まれ。ニューメキシコ州サンタフェで10代を過ごす。ニューヨーク大学で美術史を専攻。俳優を志し、CM出演等も在学中からこなしていた。またスタジオ54やアンディ・ウォーホルのファクトリーに出いりする等、その頃から流行やアートに入り浸っていた。その後、編入してパーソンズに入学。1986年までインテリア・アーキテクチャー(建築)を学ぶ。このころからファッション業界で働いていくことを決意しだす。

86年からキャシー・ハードウィックのデザインスタジオに参加。88年からペリー エリスで働き、デザインディレクターに就任。(同時期にマーク ジェイコブスがペリーエリスにいた。)

90年、グッチのレディースウェアのデザインスタッフに加わり、女性の既製服のチーフ・デザイナーに就任。その後、デザイン・ディレクターを担当。当時、グッチは血族間闘争等の問題で不振に悩んでおりクリエイティブ・ディレクターのドーン・メローが必死で再建している最中であった。

1994年、ドーン・メロウの強い推薦もあり、トム フォードがクリエイティブ・ディレクターに就任。これはバーレーン拠点のインベストコープ社によって買収されたタイミングでブランドの今後の成長と拡大を担うものだった。

トム フォードはこれまでのエレガンスなクラシック路線ではなくモードを打ち出す。ホルストン・スタイルのベルベット、細身のサテンのシャツなどを取り入れ、スタイリッシュなコーディネートとゴージャスな素材使いで、イメージを大幅に刷新し、セクシーなイメージを確立した。その手腕で世界中にグッチ・ブームを再燃させ、94年に2.3億ドルだった売り上げは、2004年には30億ドルまで拡大、ドメニコ・デ・ソーレ(CEO)とともにブランドを救い、世界3位のブランドに育て上げた。

グッチがイヴ・サンローランを買収したことに伴い、2000年以降は、サンローランのプレタポルテ部門であるリヴ・ゴーシュのクリエイティブ・ディレクターも兼任することとなる。デ・ソーレとトム フォードは、2004年4月付で二人はともに退任。

2005年、ドメニコ・デソーレと共にトム フォード社(ブランドとしてのトム フォード)を設立。2006年、世界展開に向けてエルメネジルド ゼニアと製造に関連で提携を結ぶ。トム フォードの自身のブランドでは、クラシカルでオートクチュールのような手法でメンズファッションから展開を開始(後にウィメンズもスタート。)。ニューヨーク、ミラノ、日本などに店舗を構えている。同年、フレグランス「ブラック オーキッド」を発表。

2008年、「007/慰めの報酬」からジェームズ・ボンドの着るスーツがトム フォードによるデザインとなることが決定。ブリオーニから衣装提供を引き継ぐこととなる。また同年、CFDAのメンズデザイナー・オブ・ザ・イヤーに輝く。

2009年、メンズウェアのラインの1つとしてデニムラインを立ち上げる。このコレクションには日本のプレミアムデニム素材が使用されている。また、同年、伊勢丹新宿店に東京初のメンズウェアの店舗をオープン。同年、トム・フォード自身が監督した映画「シングルマン」を発表。監督としても高く評価された。

2011年春夏コレクションより、レディースウェアラインをスタート。また、2011年「トム フォード ビューティー(TOM FORD BEAUTY)」をスタート。2012年、日本初のウィメンズブティックを阪急うめだ本店にオープン。同年公開された映画「007 スカイフォール」ではボンドスーツ
を提供した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.tomford.com/

ブランド・デザイナー紹介