TOMMY HILFIGER

トミー ヒルフィガー

ブランドのはじまり

1984年、トミー ヒルフィガーが自身の名を冠したブランドを設立。

トミー ヒルフィガーについて

トミー ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)は1951年、ニューヨーク郊外の街エルミラ生まれ。両親がカトリック教徒で兄弟が9人の大家族の中で育つ。

トミー ヒルフィガーのアパレル業とのかかわりは高校時代に二人の友人と150ドルの資金をもとに20本のジーンズを売ったことに由来する。その後69年に、ニューヨーク州北部で「ピープルズ プレイ
ス」という名のショップをオープンした。しかしこの「ピープルズ プレイス」は7年後ヒルフィガーが25歳のときに倒産する。

ヒルフィガーは人々の求める服が調達できないと感じており、自らデザインすることを決意。独学でファッションを学ぶ。1979年にフリーのデザイナーとして活躍。

84年に自身の名から「トミー ヒルフィガー」社を設立、85年にコレクションを発表し、彼の名を世界中に広めた。メンズのスポーツウェアが有名。

95年CFDAのメンズデザイナーオブザイヤーに選ばれる。92年に会社を上場させ、2004年までには従業員5500人、売上2000億円規模の企業にまで育てる。その他、2005年にカール ラガーフェルドを買収。

2005年12月23日、英プライベートエクイティ(投資会社)のアパックス・パートナーズに対して身売りすることで合意、約1800億円でブランドを売る。2006年ガンズ・アンド・ローゼズのボーカル、アクセル・ローズと些細なことで殴り合いの乱闘をした。

日本では92年よりメンズウェアとフレグランスを中心に展開していたが、2002年よりレディースウェア「トミーガール」を展開する。2008年、SONY BMG Europeと提携して、トミー ヒルフィガーオリジナルのオンライン音楽チャンネル「TommyTV」を立ち上げることを発表。

2010年、カルバン・クラインなどを手掛ける米アパレルのフィリップス・ヴァン・ヒューゼ(PVH)が、トミー・ヒルフィガーをアパックス・パートナーズから30億ドルの現金および株式で取得。

現在、トミー ヒルフィガー グループは、トミー ヒルフィガー、ヒルフィガー デニムを含むプレミアムライフスタイルブランドとして、世界で最も認識されているデザイナーアパレルグループに成長した。メンズウェア、ウィメンズウェア、子ども服、デニムコレクションを中心に、ライセンス契約ではライフスタイルプロダクトとしてアクセサリー、フレグランス、ホームファニシングを提供している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://japan.tommy.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

トミー ヒルフィガー取り扱い店舗

Data - トミー ヒルフィガーの関連データ

用語: スポーツウェア CFDA ヨーク ブランド: カール ラガーフェルド

ブランド・デザイナー紹介