ENGINEERED GARMENTS

エンジニアド ガーメンツ

ブランドのはじまり

1999年、ネペンテスのオリジナルブランドとして「エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」スタート。

エンジニアド ガーメンツについて

エンジニアド ガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)は、セレクトショップをメイン業態とするネペンテス社から発足したニューヨークの人気メンズブランド。レディースラインは「FWK by ENGINEERED GARMENTS(エフダブリューケー・バイ・エンジニアド ガーメンツ)」。

エンジニアド ガーメンツのコレクションは、主にニューヨークで企画から生産が行われ、アメトラ、ミリタリーなどの要素を取り入れた実用的なデザインが人気となっている。日本の会社があえてアメリカからデザインを発信していることからも分かるように、古き良きアメリカのデザイン、アメリカンクラッシックを強く意識している。

見た目だと分からないけども、よく見ると拘りを感じる。ここだけは他のブランドとは違うデザインを常に意識している。

エンジニアド ガーメンツの沿革・歴史

デザイナーは鈴木大器。バンタンデザイン研究所ファッションデザイン科卒業。1989年、ネペンテスの企画に参加。99年、エンジニアド ガーメンツをスタート。

創業当時のデザインについて鈴木は次ののように話す。「トレンドとはかけ離れていた太いパンツを作っていました。トレンドでないだけで、ベーシック。経験値として、ベーシックなものに対する価値観を高く持っている」

2008年、アメリカのCFDAメンズ新人デザイナー賞にて最優秀賞を受賞。記念すべき第1回の受賞ブランドとなった。なお、この賞の受賞により、リーバイスとのコラボレーションが決定。

2013年、ネペンテスの新店舗「ネペンテス 博多」をオープン。エンジニアド ガーメンツ、ニードルズ、サウス2 ウエスト8をはじめとし、世界中からウェアやフットウェアをセレクト。

2014年、エンジニアド ガーメンツがジャケットやエプロンなど一風堂のユニフォームを制作。2016年、アメリカ製にこだわったものづくりを行うフットウエアブランド「ニューイングランドアウターウェアー」のシューズ、キャンプモカシンをリリース。

2017年、ドクターマーチンの人気モデル「1461」をベースにしたコラボシューズを発表。英国製4ホールを左右非対称のデザインにした。

エンジニアド ガーメンツのコレクションは、現在、日本を中心に、北米、ヨーロッパで取り扱いがある。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.nepenthes.co.jp/

ブランド・デザイナー紹介