menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示

東京の練馬区立美術館では、展覧会「収蔵作品による 小林清親展【増補】─サプリメント─」を、2021年11月23日(火・祝)から2022年1月30日(日)まで開催する。

小林清親の未公開作品などを一挙に紹介

《九段坂五月夜》大判錦絵 明治13年(1880)
《九段坂五月夜》大判錦絵 明治13年(1880)

明治期を代表する浮世絵師であり、“最後の浮世絵師”とも呼ばれる小林清親。淡く明るい色調に光や影、天候や時間をも表現した東京名所シリーズは「光線画」と呼ばれ、人気を博した。その後も戦争画や歴史画、風刺画、戯画などを幅広く手がけ、明治生まれの若い芸術家にも大きな影響を与えた。

《アラビアンナイト》紙、水彩 制作年不詳
《アラビアンナイト》紙、水彩 制作年不詳

練馬区立美術館では2015年に、小林清親の生涯をたどる展覧会を開催。これを機縁に、清親の作品や資料、遺品類約300件の寄託を受けることになった。そこには、「小林清親写生帖」として知られ、清親の光線画の源泉となったスケッチブック、未公開の下図や肉筆画なども含まれている。展覧会「収蔵作品による 小林清親展【増補】─サプリメント─」では、そうした未紹介・未公開の貴重な作品や資料を一挙公開する。

光線画とその源泉

《写生帖》紙、水彩 全9冊 明治11〜大正2年(1878〜1913)頃
《写生帖》紙、水彩 全9冊 明治11〜大正2年(1878〜1913)頃

本展では、清親を象徴する光線画から、《高輪牛町朧月景》や《第二回内国勧業博覧会表口》といった優品を紹介するばかりでなく、創作の源泉となったスケッチブックと下絵も公開。清親は、スケッチブックに鉛筆や水彩絵具によるスケッチを描き、これに基づいて木版画を制作するという、江戸の浮世絵師には見られなかった方法で「光線画」を手がけていた。会場では、スケッチブック全9冊とともに、東京風景を描いた水彩画を展示し、近代画家としての清親の姿に光をあてる。

未公開の画業

《上州榛名神前杈鉾岩》紙、水彩 明治20〜30年(1887〜1897)頃
《上州榛名神前杈鉾岩》紙、水彩 明治20〜30年(1887〜1897)頃

光線画の出版を終えた清親は、「武蔵百景」シリーズでは東京の名所を、「日本名勝図会」では日本各地の名所を描いているが、いずれも途中で出版が途絶えている。本展では、出版されなかった「日本名勝図会」の下絵とも考えられる《上州榛名神前杈鉾岩》など、初公開となる水彩画を紹介。また、かつてモノクロ図版でのみ紹介された『アラビ アンナイト』の物語を描いた作品も目にすることができる。

高い人気を誇った肉筆画

《立雛図》絹本着色 明治時代後期
《立雛図》絹本着色 明治時代後期

清親の肉筆画は当時から人気を集めており、数多くの作品を残している。新聞挿絵や風刺画を得意とした清親らしく、肉筆の戯画がもっとも好まれていたという。本展では、そうした戯画に加えて、特別な注文主からの依頼に応えた立雛の掛軸も展示する。

展覧会概要

展覧会「収蔵作品による 小林清親展【増補】─サプリメント─」
会期:2021年11月23日(火・祝)〜2022年1月30日(日)
会場:練馬区立美術館 2階展示室
住所:東京都練馬区貫井1-36-16
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、12月29日(水)〜1月3日(月)、1月11日(火)
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
観覧料:無料

【問い合わせ先】
練馬区立美術館
TEL:03-3577-1821

Photos(8枚)

“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真1 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真2 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真3 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真4 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真5 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真6 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真7 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真8

Photos(8枚)

“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真1 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真2 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真3 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真4 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真5 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真6 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真7 “最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示|写真8

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
展覧会「ロートレックとベル・エポックの巴里―1900年」福岡で、ポスターや版画・絵画など314点
2021.12.18(土)~2022.2.6(日) 開催予定
展覧会「ロートレックとベル・エポックの巴里―1900年」福岡で、ポスターや版画・絵画など314点
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
2021.12.11(土)~2022.2.6(日)
浜田知明の展覧会が茅ヶ崎市美術館で - 戦後日本を代表する版画家・彫刻家、その軌跡をたどる
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性
2021.12.17(金)~2022.4.3(日) 開催予定
銀座メゾンエルメス フォーラムの展覧会「転移のすがた」“共鳴”する現代アーティストたちの芸術的感性

スケジュール

特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
2021.12.4(土)~2022.2.6(日)
特別展「限らない世界 / 村上三郎」芦屋市立美術博物館で -「具体」にとどまらない活動を多角的に紹介
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
2021.12.7(火)~2021.12.19(日)
「黒執事展 -Rich Black-」大阪・福岡・兵庫など全国で、枢やな自筆イラストや名場面の生原稿
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
2021.12.7(火)~2022.1.30(日)
「ザ・フィンランドデザイン展」東京で、アルヴァ・アアルトなど“北欧の自然”から生まれた作品約250点
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
2021.12.7(火)~2022.2.20(日)
近江の風景を描き続けた洋画家・野口謙蔵の展覧会、滋賀県立美術館で - 代表作を一挙公開
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
2021.12.9(木)~2022.1.10(月)
スタジオジブリの原点を辿る「アニメージュとジブリ展」宮城・大阪などで、“編集者”鈴木敏夫の仕事に迫る
 スケジュール一覧