MUVEIL

ミュベール

ブランドのはじまり

2007年秋冬より「ミュベール」がスタート。

ミュベールについて

ミュベール(MUVEIL)は日本のウィメンズブランド。

デザイナーは中山路子。服飾の学校を卒業後、某アパレルメーカーに就職。2002年、オールスターのリメイクから始まり富田靖隆とともに「MOSSLIGHT(モスライト)」を設立。モスライトは世界に通用する東京モードの一角として評価されていた。また、ヒロ杉山との出会いを機にウェア、アクセサリーを初展開。初の展示会「PAIRLOOK」を発表。2006年春夏シーズンより海外に進出、海外でのショップ展開がスタートすることで活躍の場が広がる。2007年春夏シーズンより、モスライトを解散。

中山路子は、2007年秋冬シーズンより「ミュベール(MUVEIL)」をスタート。ブランド名はフランス語のスズラン(muguet)と英語のveil(ベール)からなる造語。フランスで「スズラン」は人の幸せを願う花言葉があり、「ベール」はかげながら幸せを願う、という意味を持つ。なにげない生活の中からの創造を大切にあくまで身に付ける片を主役にしたスタイルの提案を目指している。

2012年秋冬シーズンより「ミュベールワーク(MUVEIL WORK)」のラインをスタート。それまでメインラインの中で発表されていたミリタリー、デニム、スウェットなどのカジュアルアイテムが独立した形でラインとして展開されている。

2012年9月、5周年を迎え、初のコンセプトショップ「ギャラリー ミュベール(GALLERY MUVEIL)」を東京・南青山にオープン。2014年、ミュベール×グレムリンによる期間限定カフェやショップを渋谷パルコにオープンした。同年はコレクションと連動し、グレムリンとのコラボレーションを積極的に行った。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.gallerymuveil.com/

Data - ミュベールの関連データ

用語: ミリタリー モード スウェット

ブランド・デザイナー紹介