SCHOTT

ショット

ブランドのはじまり

1913年、アーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟がニューヨークでブランドスタート。

ショットについて

「ショット(SCHOTT)」はアメリカのレザーウェアブランド。

1913年、アーヴィン・ショットとジャック・ショットの兄弟がニューヨークでブランドをスタートする。ブランド設立当初はレインコートを作っていた。

1928年に世界で初めてフロントジッパーを採用したライダースジャケットを発表。このジッパーを用いたライダースは、後のライダースの仕様に影響を与えた。

マーロン・ブランド主演の1953年公開の映画「ザ・ワイルド・ワン」で、マーロン・ブランドがレザーのライダースを着用していたこともあり、ショットが50年代に発表した星形のスタッズをエポーレットにつけたモデル「ワンスター」も人気となる。

1970年代のロック・パンクの流行の中、ラモーンズやセックスピストルズなど多くのミュージシャンに愛用される。

2009年、上野商会がショットのライセンスを取得し、日本国内で上野商会がライセンス商品を販売している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://schott-nyc.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ショット取り扱い店舗

Data - ショットの関連データ

用語: スタッズ エポーレット ライダースジャケット ヨーク ブランド: マーロ

ブランド・デザイナー紹介