menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. 特集

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも

本記事では、東京都内の美術館と博物館で開催中の展覧会はもちろん、今後開催される注目の展覧会を網羅して紹介。各美術館の詳細をクリックすれば、見どころや美術館へのルート、営業時間などの詳細も一緒に確認できる。気になる美術館はチェックしておこう。

※最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどを確認のこと。

千代田区の美術館

東京国立近代美術館

「東京国立近代美術館」は、日本で最初の国立美術館。最大の特徴は、横山大観、菱田春草、岸田劉生らの重要文化財を含む13,000点超のコレクション。明治から現代まで、多岐にわたるジャンルの日本美術の名作に加え、海外の作品も多数所蔵し、会期ごとに選りすぐりの約200点を展示する所蔵作品展を開催している。また、著名な作家の個展や時代や社会のエッセンスを取り入れたテーマ展なども、年に数回開催されている。

三菱一号館美術館

「三菱一号館美術館」は、2010年に東京・丸の内にオープンした美術館。19世紀後半から20世紀前半の近代美術を主題とする企画展を、年3回開催。コレクションは、建物と同時代の19世紀末西洋美術をメインに、アンリ・ド・トゥールーズ゠ロートレック、オディロン・ルドン、フェリックス・ヴァロットン作品などを収蔵。中でも、トゥールーズ゠ロートレックが没するまで手元で保有していた272点あまりのグラフィック作品群は、三菱一号館美術館のコレクションの核を成す。

東京ステーションギャラリー

東京ステーションギャラリーは、1988年に東京駅丸の内駅舎内に誕生した美術館。日本の鉄道の上りと下りの基点であり、「中央駅」として位置づけられている東京駅を単なる通過点ではなく、香り高い文化の場として提供したいという願いから、開館された。2、3階展示室にて展示を行い、2階には、鉄道デザイングッズなどを販売するミュージアムショップ「トレニアート(TRAINIART)」も構える。

港区の美術館

国立新美術館

「 国立新美術館」は、東京・六本木にある美術館。黒川紀章の設計による建物は、地下2階・地上6階からなり、延床面積は日本最大の規模を誇る。コレクションを収集する美術館ではなく、企画展や公募展を行う大型ギャラリーとして機能しており、美術に関する情報や資料の収集・公開・提供、教育普及を行っている。建築の美しさからファッションショーなどの会場としても使用される。

森美術館

「森美術館」は、六本木ヒルズにある、現代美術中心の美術館。森タワーの最上層に位置する。「現代性」と「国際性」をコンセプトに、世界の先鋭的な美術や建築、デザインなどの展覧会を、独自の視点で企画している。なお、同館は53階に位置し、52階には森アーツセンターギャラリー、東京シティビューが開館している。

森アーツセンターギャラリー

「森アーツセンターギャラリー」は、六本木ヒルズ森タワー52階展望台と同じフロアに位置するギャラリー。世界の名だたる美術館の貴重なコレクションの企画展から、漫画・アニメ作品、映画、ファッション、デザインまで幅広く展示している。なお、森美術館も同建物内に位置している。

21_21 DESIGN SIGHT

「21_21 DESIGN SIGHT」は、東京ミッドタウン内にある美術館。三宅一生を創立者とし、佐藤卓が館長を務める当館は、「日常」をテーマとした展覧会を中心に、トークやワークショップといった多角的なプログラムを通じてデザインの楽しさを発信している。館内のショップではオリジナルグッズをはじめ、デザイン界を代表する様々なクリエイターによるアイテムを展開。ショップへの入場は無料で、ショップのみの利用も可能だ。

サントリー美術館

「サントリー美術館」は、東京ミッドタウンにある美術館。1961年、東京・丸の内に開館し、1975年には赤坂見附に移転、その後2007年に現在の六本木に移転し、2020年にはリニュアール・オープンを迎えている。開館当初より「生活の中の美」を基本テーマとした企画展示や作品収集を行い、国宝、重要文化財を含む約3,000件を所蔵。江戸切子・エミール・ガレなどのガラス工芸品は代表的な所蔵品のひとつだ。また、日本美術を中心とした企画展を開催している。

東京都庭園美術館

1983年に開館した「東京都庭園美術館」。本館は、朝香宮邸として1933年に建てられたアール・デコ様式の洋館で、過去には戦後首相公邸や迎賓館としても使用されていた。所蔵品の常設展示はないものの、内部の装飾や朝香宮家ゆかりの家具などとともに、貴重な文化財として一般に公開されているほか、年に数回の企画展が催される。また、日本庭園と西洋庭園、芝庭からなる庭園は、本館に入館せずとも利用可能。日本庭園の茶室は重要文化財に指定されている。

パナソニック汐留美術館

「パナソニック汐留美術館」は、東京・汐留のパナソニック 東京汐留ビル4階にある美術館。1990年代末より、当時の松下電工が社会貢献の一環として収集・所蔵してきた20世紀フランスを代表する画家ジョルジュ・ルオーの油彩・版画作品を紹介することを目的に、2003年4月にオープンした。初期から晩年までの油彩画や代表的な版画作品などを中心としたルオー・コレクションは現在約230点で、これらの作品を館内「ルオー・ギャラリー」で常設展示するほか、企画展も開催している。

根津美術館

「根津美術館」は、東京・南青山にある美術館。主に日本・東洋の古美術品を展示している。所蔵品には、国宝や重要文化財を含む7400点を超え、その大部分は実業家であった初代根津嘉一郎の蒐集によるもの。2009年に新創された本館は日本を代表する隈研吾氏の設計によるもので、建物自体も見どころである。

江東区の美術館

東京都現代美術館

東京都現代美術館は、現代美術の振興を図り芸術文化の基盤を充実させることを目的に、1995年に開館した美術館。約5,000点の収蔵作品を活かし、現代美術の流れを展望できる常設展示とともに、絵画、彫刻、ファッション、建築、デザインなど幅広く現代美術に関する展覧会を開催している。また、美術関係の図書約100,000冊を揃えた美術図書室を併設しており、美術に関する情報提供や教育普及を目的としたワークショップ、各種講座、講演会などの美術を広める活動も並行して行っている。
なお、2016年5月からの大規模改修を経て、2019年3月にリニューアルオープン。

台東区の美術館・博物館

東京都美術館

「東京都美術館」、通称“都美”は、東京・上野の上野公園内にある美術館。地下3階・地上2階からなり、地下1階下から地上2階部分では公募展や企画展を開催している。一方、地下2階から地下3階は団体への貸出を行うギャラリーになっている。館内にはアートラウンジや美術情報室のほか、ミュージアムショップやレストランも併設する。

国立西洋美術館

東京・上野にある「国立西洋美術館」は、フランス政府より寄贈返還された松方コレクションを基礎に、西洋美術作品を広く紹介している美術館。美術館の本館は、建築家ル・コルビュジエによる設計で、2016年に「ル・コルビュジエの建築作品―近代建築運動への顕着な貢献―」の建造物のひとつとして世界遺産に登録されている。

なお、2020年10月より全館休館。2022年春の開館を予定している。

Photos(1枚)

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも|写真1

Photos(1枚)

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも|写真1

関連ニュース

キーワードから探す

ピックアップ

原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
原宿の古着屋ベスト30選 -ブランド古着やストリートなどメンズ&レディースの人気店を網羅
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示
2021.11.23(火)~2022.1.30(日) 開催予定
“最後の浮世絵師”小林清親の展覧会が練馬区立美術館で、未公開の水彩画・肉筆画などを一挙展示
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介
2021.11.19(金)~2022.4.17(日) 開催予定
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介

スケジュール

特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
「虎屋所蔵品展 めでたい寅年 愛でたい虎」虎屋 京都ギャラリーで、“虎”を題材とした美術・工芸作品を展示
2021.10.30(土)~2021.12.5(日)
「虎屋所蔵品展 めでたい寅年 愛でたい虎」虎屋 京都ギャラリーで、“虎”を題材とした美術・工芸作品を展示
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
2021.10.30(土)~2021.11.15(月)
「第73回 正倉院展」奈良国立博物館で - 天平文化の華やぎを伝える楽器や調度品、染織品など出陳
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
2021.10.30(土)~2022.3.21(月)
冨安由真の個展が金沢21世紀美術館で、幼少期の夢に着想“現実と虚構が交わる”新作インスタレーション
 スケジュール一覧