Columbia

コロンビアスポーツウェア

ブランドのはじまり

1938年、創始者ポール・ラムフロムがコロンビアハットカンパニーを設立。

コロンビアスポーツウェアについて

米国オレゴン州ポートランドに本拠を置く、アウトドア・スポーツウェアメーカー。米国を代表するアパレル企業であり、総合アウトドア・スポーツウェアメーカーとして、登山、フィッシング、スキー、スノーボード、ハンティングなど、過酷な状況下での耐久性や機能性が要求される専用ウェアの分野で商品展開を行っている。

自社で規定した厳しい品質基準のもと、革新的でスタイリッシュなデザイン、購買しやすい適性価格の維持、そして女性実業家として米国で著名な会長自らが好演する広告キャンペーンに代表される、ユニークかつ積極的なマーケティング戦略の導入などで着実に成長を続けており、アウトドア・スポーツウェアメーカーとしては世界最大規模を誇っている。

コロンビアスポーツウェアカンパニーの創始者ポール・ラムフロムは、家族と共にドイツから新天地アメリカへと渡り、オレゴン州ポートランドからその歴史をスタートした。1938年に、ラムフロムは小さな帽子問屋の権利を買い取り、コロンビア川にちなんで、社名をコロンビアハットカンパニーと命名した。1960年、自社での製品生産を始め、スキーグローブ製造会社コロンビア・マニファクチャリング・カンパニーと合併し、この時コロンビアスポーツウェアカンパニーが誕生した。

ラムフロが死去し、その娘ガートの夫ニールが社長を引き継いだが、彼も1970年に急逝。ガートには3人の子どもと多額の借金が残され、コロンビア社の売却を決意。だが、会社に対する評価が低かったため、会社の売却を諦めて再建することを決意。夫ニールの拡大戦略を引き継いで、着実に基盤を築いていった。

1982年のアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで脱着して3ウェイの着こなしができる「インターチェンジシステム」を開発し、爆発的な人気を集めた。そしてこのシステムを採用した「バガブーパーカ」は、1993年には全米で販売数が100万枚を越えて、米国内アウトドアウェアの年間最多販売記録を打ち立てた。1989年、コロンビアスポーツウェアは、アウトドアウェアブランドとして、アメリカ国内でシェアNO.1の座に着いた。

コロンビアにとっての“マザー”、コロンビアスポーツウェアカンパニーの会長 ガート・ボイルは、コロンビアのカタログや広告、製品タグに登場。彼女はアウトドア界の「発明家」でもあり、その経営手腕が認められ、オレゴン州の実業家で構成されている「オレゴン・エンタープライズ・フォーラム」の「1994年オレゴン・アントルプルヌール」賞をはじめ、数々の栄誉を受けてきた。「ワーキング・ウーマン」誌が選ぶ“アメリカの女性経営者トップ50”や、「ビジネス・ウイーク」誌の1994年度ベストマネージャーのひとりに選ばれるなど、アメリカを代表するビジネスウーマンとして知られている。

日本市場においては、1989年に日本のアパレル商社と販売代理店契約を結び、スポーツ専門店、カジュアルショップ、百貨店などで販売を開始した。1997年6月にコロンビア・スポーツウェア・カンパニー100%出資による、日本法人「株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン」を設立。2006年9月からは、ウィンターブーツの「Sorel」、2007年1月からトレイルランニングシューズの「Montrail」、2008年1月からはアウトドアウェア・ギアの「Mountain Hardwear」ブランドの取扱いを始め、4つのブランドの日本国内での事業展開を行なっている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.columbiasports.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

コロンビアスポーツウェア取り扱い店舗

Data - コロンビアスポーツウェアの関連データ

用語: スポーツウェア

ブランド・デザイナー紹介