JOHN LAWRENCE SULLIVAN

ジョン ローレンス サリバン

ブランドのはじまり

2003年、柳川 荒士がジョン ローレンス サリバンを設立。

ジョン ローレンス サリバンについて

「ジョン ローレンス サリバン(JOHN LAWRENCE SULLIVAN)」は日本のファッションブランド。
ウエストがシェイプされた美しいシルエットのテーラードジャケットなどのアイテムに代表される、優雅さ、強さ、美しさを非常に大切にしている。伝統的な英国テーラードが基盤にあり、シーズンによりミリタリーやスポーツテイストなどをプラスしたスタイルを展開。「強さ」「美しさ」の追求のため、ミリ単位までこだわりをもってデザインしているほか、素材にもこだわりを持つ。

デザイナーの柳川 荒士は1975年、広島県に生まれる。4年間リングに上がり、ファッションにかかわる前はプロボクサーという異例の経歴を持つ。アマチュアボクサー時代には、三階級王者にもなり、具志堅にも見込まれプロになったという。

「ジョン ローレンス サリバン」というブランド名は、伝説のプロボクサー、ジョンローレンスサリバンに由来したもの。サリバンはボクシング史上に名を残す伝説のヘビー級初代チャンピオンで、1950年代、ボストンストロングボーイと呼ばれた。その強さ、風格、威厳、全てをファッションで表現しようという想いがブランド名にこめられている。

プロボクサー時代には、ショップで服の販売のアルバイトを経験、引退後、イギリスに渡り、古着の買い付け販売を経験。そのときのイギリスファッションの影響を受け、「自分でかっこいいジャケットを作りたい」という想いから独学で英国テーラードを学び、服作りを始める。

2003-2004A/Wより販売をスタート。2007S/S東京コレクションにデビュー。

2008年、東京・中目黒に旗艦店をオープン。この旗艦店では、直営店のみで取り扱う高級ライン「JOHN LAWRENCE SULLIVAN TAILOR」も展開した。

2010年、新ライン「ザ サリバンズ」がデビュー。2010S/S、ウィメンズウェアのラインがデビュー。東京コレクションを経て2011年AWシーズンよりパリコレクションで発表している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.john-lawrence-sullivan.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジョン ローレンス サリバン取り扱い店舗

Data - ジョン ローレンス サリバンの関連データ

用語: ミリタリー テーラー テーラード ラグジュアリー ブランド: ザ サリバンズ

ブランド・デザイナー紹介