LOEWE

ロエベ

ブランドのはじまり

1846年、エンリケ・ロエベ・ロスバーグがマドリードに工房を開業。1872年にブランドとして設立。

ロエベについて

ロエベ(LOEWE)は、スペインのラグジュアリーブランド。19世紀中ごろドイツ生まれの皮革職人のエンリケ・ロエベ・ロスバーグが皮革製品の大国、スペインへ行き、シルクのような上質の革と出合ったことに始まる。この革のとりことなったエンリケ・ロエベは1846年、マドリードに工房を開始した。当初は革の長椅子などを手がけていた。ブランドとしての設立は1872年。

主に貴族や富豪による革製の宝石箱など小回りの利く箱の製作で評判となり有名になる、後に革製の袋(バッグ)やトランクに進出。スペイン王室御用達で良質な革、Lの文字のモノグラムで有名。素材(品質)へのこだわりが強く、超高品質な革製品を使用。仔羊皮をなめしたナッパ素材を使用し、実際に使用するのはわずか数パーセントほどだと言う。

1980年代、チェザーレファブリを中心にプレタポルテがスタート。カール ラガーフェルド、ジョルジオ・アルマーニらがデザインに関わったとされているが、この時期ロエベはプレタポルテに力を入れておらず不明瞭な紹介が多く、この時期のプレタポルテに関してははっきりとした情報がない。

1985年、ルイ・ヴィトン社と提携し、1996年、LVMHの傘下に入る。LVMHの参加にはいることで大きく変わったことは、ロエベが上流階級に多くの支持を得るブランドから中流階級にまで支持をえるブランドになったこと。具体的には、あまり有名ではなかったロエベのプレタポルテタ部門に新鋭デザイナーを起用してゆく。

この時期から服(アパレル)にも力を入れだし、20%未満だったレディースプレタポルテの売上が上昇。

1998-1999A/Wからナルシソ ロドリゲス、2002-2003 A/Wよりホセ エンリケ オナ セルファがクリエイティヴ・ディレクターに就任している。ホセ エンリケ オナ セルファが情熱的なファッションをプレタポルテコレクションで発表してブランドはさらに拡大。

2008年S/Sを最後にホセ エンリケ オナ セルファが辞任。後任には、ジバンシィ、ルイヴィトンを経て、マルベリーのデザイン・ディレクターを経験し、バッグのデザインに定評があるスチュアート・ヴィヴァースが就任。

2013年、クリエイティブ・ディレクターに、英国人デザイナーのジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)が就任。2015年春夏メンズコレクションより担当している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.loewe.com/jp_ja/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ロエベ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介