beautiful people

ビューティフルピープル

ブランドのはじまり

2007年、ビューティフルピープルを発表。

ビューティフルピープルについて

ビューティフルピープル(beautiful people)は、日本のファッションブランド。

ウィメンズを中心にメンズも展開している。ウェアはもちろん、シューズ、バッグなどのアクセサリーと幅広いラインナップを用意。ライダースジャケットが特に人気。コンセプトは、服に袖を通すことでで、着た人にとって新しい刺激による思考の転換、日常に新たな視点、新たな価値観を提案。社会生活を向上させる事を目指す。

2007年、熊切秀典が中心となり「ビューティフルピープル(beautiful people)」をスタート。

2008年秋冬、マッキントッシュによるディフュージョンブランド、トラディショナル・ウェザーウェアとコラボレーションでトラディショナル・ウェザーウェア・アンド・ビューティフルピープル」を発表。

ブランドをスタートした後、"大人と子どもが共有できる服(=親と子が貸し借りできる服)"というコンセプトの「キッズシリーズ」や"男性と女性が共有できる服"の「ボーイズライン」が話題となる。

2011年に東京・青山に、初めての路面店となるビューティフルピープル青山店をオープン。インテリアデザインをワンダーウォール(Wonderwall)の片山正通が手掛ける。ビューティフルピープルのレディースラインが一堂に介する。

2012年、アクアスキュータムとのコラボトレンチを発売。2013年春夏には「男はつらいよ」をテーマにしたコレクションを発表して話題を呼ぶ。

2015年、伊勢丹とともに新ライン「ルーチン フォー ビューティフル ピープル(Routine for beautiful people)」を発表。また、2016年よりパリでコレクションを発表している。

ブランドは、デザイナーの熊切秀典を中心として、戸田昌良(パターン)、米タミオ(企画生産)、若林祐介(営業)のデザインチームが手がけている。若林、熊切、戸田は文化服装学院の同級生。当初は熊切と若林でさまざまなブランドのパターンの会社を運営していた。熊切秀典は、コム デ ギャルソンでパタンナーとしてキャリアを積む。米はコム デ ギャルソン企画生産の経験がある。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.beautiful-people.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ビューティフルピープル取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介