MOVADO

モバード

ブランドのはじまり

1881年にスイスにて創業。

モバードについて

1881年、スイスのラ・ショー・ド・フォンで弱冠19歳のアシール・ディーテシャイム(Achilles Ditesheim)が創業。このときに創業されたのは前身となる時計製造会社だったが、ムーブメントから開発する一貫した時計の製造をおこなった。

1905年、「モバード」をブランド名とする。モバードという言葉は企業哲学を表現したもので、エスペラント語で「たゆまぬ前進(movement)」を意味する。

1912年、「ポリプラン」を発表。手首のシルエットに合わせて、長く湾曲したケースデザインが特徴で、さらにそのケースに合わせて3つに分割されたムーブメントを搭載するという画期的な構造だった。ポリプランは他のメーカーにも大きなな影響を与えた。26年、自動的にゼンマイを巻き上げる懐中時計「エルメート」を発表し人気となる。

61年、「ミュージアム・ウォッチ」を発表。これは現在に至るまで、モバードのブランドの代名詞ともなるラインで、文字盤の12時の位置に黄金のドットを1つ置いただけのミニマルなデザインが話題となる。黄金のドットは正午の太陽を表し、針の動きが地球の自転を象徴している。このミュージアム・ウォッチはニューヨーク近代美術館(MoM)に所蔵された最初の腕時計だった。なお、このデザインはアメリカのデザイナー、ネイサン・ジョージ・ホーウィット(Nathan George Horwitt)が1947年にデザインしたものだった。

ミュージアム・ウォッチはモバードの代表的なデザインといわれるだけではなく、アートをデザインに取り込んだ先駆け的なコレクションと言われている。なお、他のメーカーは、デザインがあまりに奇抜であるため、似たデザインの製品をほとんど出さなかったと言われている。

69年、「エルプリメロ」をゼニスと共同開発し発表。これは現在も、世界最速かつ最も精密な自動巻きクロノグラフの地位を守り、時計の中でも特別な地位を確立している。

近年、モバードは機械式時計とクォーツ式時計ともに生産している。またグループとしても成長し、コンコルドエベル、ESQ Swissなどの時計ブランドを傘下に置く他、ライセンスでコーチ(COACH)、トミー ヒルフィガーヒューゴ ボスジューシー クチュールラコステの時計を手がけている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.movado.com/

ブランド・デザイナー紹介