STONE ISLAND

ストーンアイランド

ブランドのはじまり

1982年、ブランドスタート。

ストーンアイランドについて

「ストーンアイランド(STONE ISLAND)」はイタリアのファッションブランド。グラフィックアーティストMassimo Ostiが、ストーンアイランド設立時のデザイナー。Massimo Ostiはミリタリーウェアに注目していて、ヴィンテージのディテールや風合いを施したアウターを作り出す。

ブランドスタートの翌1983年に、イタリア・トリノを拠点とする大手繊維メーカーGFTグループと合併。その後アウターだけでなくフルコレクションを展開する。

1985年、ミリタリーファブリックのコットンサテンの表面と裏側にポリウレタンコーティングを施した「Raso Gommato」、1986年にはコットンサテンにシルバーコーティングを施した「Alu C」を発表。1989年、温度によってカラーが変化するジャケット「Ice Jacket」を発表。この斬新なアイディアは話題となり、ストーンアイランドの知名度が上がる。

1993年、GFTグループから独立。SPORTSWEAR COMPANY SpAがストーンアイランドを展開。1996年にMassimo OstiがSPORTSWEAR COMPANY SpAから去る。Massimo Ostiに代わるデザイナーとして、イギリス人のPaul Harveyを起用。

セントマーチンズでテキスタイルを専攻していたPaul Harveyは、素材を改良し、さらに革新的なコレクションを発表。1999年にはステンレススチールを使用した「Silver Jacket」と銅を使用した「Bronze Jacket」を発表。このジャケットは改修工事が終わったパリのポンピドゥー・センターの再オープンを記念してロビーに展示された。

2008年Paul Harveyがデザイナーを辞任。その後はデザインチームがデザインを手掛けている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://stoneislandjp.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ストーンアイランド取り扱い店舗

Data - ストーンアイランドの関連データ

用語: SPA テキスタイル ミリタリー ヴィンテージ サテン ファブリック ブランド: ヴィンテージ

ブランド・デザイナー紹介