UNIQLO

ユニクロ

ブランドのはじまり

1984年、ユニーク・クロージング・ウエアハウス(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)を開始。後にユニクロへ改称

ユニクロについて

1984年、山口県宇部市で「メンズショップOS」の名称で男性向け衣料品を取り扱っていた小郡商事が、広島市中区袋町にユニセックスカジュアル衣料品店「ユニーク・クロージング・ウエアハウス(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)」を開いたのが始まり。※メンズショップOSは1992年4月までに全店閉店、あるいはユニクロに改装している。

ユニクロ(UNIQLO)の名前はユニーク・クロージング・ウエアハウス(UNIQUE CLOTHING WAREHOUSE)から由来している。1991年、社名をファーストリテイリングに変更。

低価格で高品質な商品を調達するモデルを構築。それに加えアメリカのGAPをモデルとしたSPA(製造型小売業)形式の展開で大きく成長した。2000年代半ば、低価格と高品質に加え、よりデザイン性を意識したブランド戦略、よりファッション的な要素を含んだイメージへの転換を図る。具体的には、20代の女性に人気のナショナルスタンダード、ベーシックで美しいシルエットのセオリー(theory)などを買収し、徐々にハイファッションのノウハウ、要素を取り込んでいる。

ハイファッションの世界で大きなニュースになったのはファーストリテイリング傘下にあるリンク・セオリー・ホールディングスが、ヘルムート ラングプラダから買収したことであった。現在、ラングは孫会社という形でファーストリテイリングの傘下企業にある。

また、2006年、デザイナーによるファッション性の高いコレクションを、ユニクロの価格で販売する企画「デザイナーズ・インビテーション・プロジェクト」を発表。初年度は、フェリペ オリヴェイラ バティスタ、キングリー・シアタープロダクツニコラ アンドレア タラリスScyeアダム ジョーンズミントデザインズイリアドとコラボレートした。

2007年には、ルッツ&パトモス、キノHALB3.1 フィリップ リムサトルタナカ、アリス・ロイ、アレクサンダー・プロコフ、G.V.G.V.がコラボレートした。その他、2007年には、カシミアのコレクションで、デザイナーのケイタ マルヤマ、ルッツ&パトモス、アダム ジョーンズとコラボレーションを展開ししている。

2007年、ハイファッションの戦略の一環で、バーニーズ ニューヨーク買収に乗り出すものの、買収金額の交渉で健闘したものの最終的には、アラブの投資会社イスティスマールに敗れて買収を断念した。※日本のバーニーズ ニューヨークは、アメリカ(日本以外)のバーニーズとは資本関係がないため買収とは関係ない。

2008年、「GDC x UNIQLO UT」を発表。これはGDCの10周年を記念して、過去のデザインを復刻させたコラボレーションTシャツ。

2009年、デザイナー ジル・サンダー(Ms. Jil Sander)との取り組みにより実現するコレクション「ユニクロ「+J (プラスジェイ)」を発表。2012年、アンダーカバーのデザイナー高橋とのコラボレーションラインを発表。

現在、ユニクロのデザインディレクターに滝沢直己(ナオキ タキザワ)、ユニクロ UTのクリエイティブ・ディレクターには元ア ベイシング エイプのNIGOが就任している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.uniqlo.com

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ユニクロ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介