HYSTERIC GLAMOUR

ヒステリックグラマー

ブランドのはじまり

1984年、北村信彦(Nobuhiko Kitamura)がオゾンコミュニティ社からヒステリックグラマーのブランドをスタート。

ヒステリックグラマーについて

北村信彦(Nobuhiko Kitamura)は1962年、東京に生まれる。84年、東京モード学園を卒業。卒業後、設立間もないオゾンコミュニティに入社し「ヒステリックグラマー(HYSTERIC GLAMOUR)」を立上げ、コレクションを発表。設立当初はレディースブランドとしてスタートした。愛称はHYS(ヒス)。

デザイナーの北村信彦は洋服のデザインだけではなく、ショップの内・外装や家具のデザインディレクション、写真集やイラストのプロデュースなどを手がけるなど幅広く才能を発揮。

ヒステリックグラマーの特徴としてはシルエットは細身、素材、加工などにこだわりを持つ。60~80年代のロック、アート、サブカルチャーの要素を取り入れたコレクションが中心。カラーはさまざまな色を用いているが、モノトーン、ロックテイストが基調。デビュー以来、トレンド等に左右されることなくデザイン、コンセプトが一貫しており、独自の雰囲気、スタイルを持つ。

ブランドのデザインを紹介する中で上げられるアーティストは、ラモーンズ、ニューヨーク・ドールズ、カート・コバーン(ニルヴァーナ)、マルコム・マクラーレン(セックスピストルズのプロデューサーでありヴィヴィアン・ウエストウッドにも関連)などで、過去、Tシャツにプリントされたコレクションも発表された。

86年、原宿に直営店をオープン。91年、ロンドンで「HYSTERIC GLAMOUR UK」の生産を開始、98年には「HYSTERIC GLAMOUR USA」を設立。99年、香港にオンリーショップをオープン。

ヒステリックグラマーは84年の設立以来、確実に拡大し、現在では日本全国、及び海外にショップを構える。ヒステリックグラマーの人気の上昇とともにベンチャー企業に近かったオゾンコミュニティの事業も拡大、年商60億を超える会社に成長した。

2008年、大阪・梅田の阪急百貨店「メンズ館」にスタイリストで有名な野口強の呼びかけで、アンダーカバーN.ハリウッドナンバーナイン、ヒステリックグラマーが集結したセレクトショップ「クアドロフェニア」がオープンした。同年、アーティストiGoogleのプロジェクトに参加。このプロジェクトには、ア ベイシング エイプのNIGOやドルチェ&ガッバーナなども参加している。

商品展開も拡大し、現在ではレディーズ、メンズ、ハイエンドライン、財布やベルト、バッグ、アクセサリー、子供服などの小物アイテムも取り扱う。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.hystericglamour.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ヒステリックグラマー取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介