Theory

セオリー

ブランドのはじまり

1997年、エリー・タハリーとアンドリュー・ローゼンがアメリカ・ニューヨークで設立。

セオリーについて

ヘルムートラング等も扱うリンク・セオリー・ジャパン(LTJ)が運営するファッションブランド。モダンファッションが持つビジョンに着目し、常に革新的でコンテンポラリーなスタイルを提案するブランドとして地位を確立した。パーフェクトなフィット感と最高級素材の着心地によりが高く評価されている。

日本では、1998年12月に佐々木力によって設立された株式会社リンク・インターナショナル(現株式会社リンク・セオリー・ジャパン)が1999年5月に「Theory」ブランド婦人衣料品の輸入販売を開始し、レディス1号店を有楽町西武百貨店へ出店。佐々木はローゼンの友人だった。

2000年1月、株式会社リンク・インターナショナルが「Theory」ブランド婦人衣料品のライセンス契約を締結、輸入販売をライセンス生産、販売に切り替える。

2001年12月、株式会社リンク・インターナショナルが「Theory」ブランドのアウトレット運営会社であるリッチモード株式会社の全株式を取得し子会社し、「Theory」ブランド紳士衣料品の輸入販売を開始。

2002年7月、株式会社リンク・インターナショナルが「Theory」ブランド紳士衣料品のライセンス契約締結、ライセンス生産と「Theory Men」の多店舗展開を開始。 5月には香港にも進出した。

2003年12月、株式会社リンク・インターナショナルは 商号を株式会社リンク・ホールディングスに変更。9月に米国セオリー社グループをユニクロを運営する株式会社ファーストリテイリングと共同で買収(出資比率44.4%)。 8月、子供服「Theory Petit」1号店を新宿髙島屋へ出店。

2004年9月、上海に進出し、にショップを開設。 9月には台湾・台北市に現地ショップを開設。 8月、「Theory Luxe」1号店を銀座三越へ出店、国内直営店舗が、80店舗を超えた。また、ソウルにも進出し、ショップを開設した。1月、米国セオリー社グループの株式を追加取得(出資比率88.9%)。

2005年11月、ドイツのロースナー社の全持分を取得し、「Theory」の欧州における事業基盤を確立。 6月、株式会社リンク・インターナショナルが東京証券取引所マザーズに株式を上場。 2月、商号を株式会社リンク・セオリー・ホールディングスに変更。1月には、Theory Taiwan Co.,Ltd.(出資比率100%)を中華民国台北市に設立した。9月、韓国における「Theory」事業のライセンス契約をサムスングループと締結。

2009年7月、株式会社ファーストリテイリングが株式会社リンク・セオリー・ホールディングスの株式を公開買付により全部取得し、ファーストリテイリング社がグループを完全子会社化 。同時に、株式会社リンク・セオリー・ホールディングスは東京証券取引所マザーズ市場から上場廃止となった。

2011年春夏シーズンより、ベルギー人デザイナー、オリヴィエ ティスケンスによる「セオリー」の新しいライン「ティスケンス セオリー」がスタート。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.theory.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

セオリー取り扱い店舗

Data - セオリーの関連データ

用語: コンテンポラリー モード ブランド: theo オリヴィエ ティスケンス ユニクロ

ブランド・デザイナー紹介