menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ジーディーシー

GDCジーディーシー

ブランドのはじまり

1998年、熊谷隆志がGDCをスタート。

ジーディーシーについて

GDCのデザイナー(ディレクター)は熊谷隆志。1970年、日本の盛岡に生まれる。エスモード・ジャポンを卒業。

その後、パリに渡り、エスモードパリに留学。帰国後はスタイリストとして活躍。「グランドキャニオン」というレーベルでTシャツのデザインを行い、販売、これらのTシャツは爆発的にヒットした。98年、GDCをスタート。デザイナーの熊谷はGDCの活動を続けつつ、スタイリストやフォトグラファーとしても活躍した。

GDCのコレクションの特徴は、シンプルかつ実用性の高いコレクション。ベースにあるスタイルは「トラッド」でシーズンごとにコンセプト、テーマを掲げ、それに沿ってデザインする。

エミリオ・エステベスの映画「セント・エルモス・ファイアー」とジョディ・フォスターの映画「ホテル・ニューハンプシャー」をテーマに、80年代のアメカジからインスピレーションを受けたコレクションなどを展開している。

2008年、渋谷キャットストリートにショップ「G GDC」をオープン。直営店限定で「ファーチュン GDC」のラインもスタート。このラインはよりベーシックなデザインが特徴。同年、ユニクロとコラボレーションでTシャツを発表。1999年のGDC1周年記念Tシャツを復刻したものなど過去のコレクションを復活させたデザインを発表した。

2002年春夏シーズンより、セカンドライン「NARCOTIC(ナーコティック)」をスタート。
AIRやゆずやDragon Ash等のCDジャケットのデザインで知られる河原光がデザイナーを務めた。河原はGDC創立時にはグラフィックを担当していた。2003年春夏シーズンからはレディースライン「narcoterrier(ナーコテリア)」もスタートしたが、2003年秋冬シーズンを最後にブランドを終了。河原はその後2004年春夏シーズンより「RAWFUDGE(ローファッジ)」を開始した。

2011AWシーズンに熊谷は新ブランド「ネサーンス(NAISSANCE)」をスタートする。

公式サイト

http://www.gdcweb.jp/

Shop - ジーディーシーの取り扱いショップ・店舗

ターゲットプラクティス
群馬県前橋市文京町2-24-22
フェムト
愛知県名古屋市中区大須2-16-18
タイニー 大阪
大阪府大阪市中央区南船場2-11ー4
ジョナス
鳥取県米子市四日市町81

Shop Search - ジーディーシーの取り扱いショップ・店舗検索

ジーディーシー取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

Snap

# アイウェア : # ジーディーシー

スケジュール

オードリー・ヘプバーンの写真展、銀座で開催 - 映画『麗しのサブリナ』のワンシーンやポートレート
11月19日(月)~12月29日(土)開催
オードリー・ヘプバーンの写真展、銀座で開催 - 映画『麗しのサブリナ』のワンシーンやポートレート
アトウ、19年春夏新作ウェアの受注会を青山本店で開催 - 18年秋冬アウターフェアも
11月19日(月)~11月25日(日)開催
アトウ、19年春夏新作ウェアの受注会を青山本店で開催 - 18年秋冬アウターフェアも
大阪の水族館「海遊館」冬イルミネーション - 広場一帯が光の海に、恒例の“サンタダイバー”も
11月19日(月)~2019年3月3日(日)開催
大阪の水族館「海遊館」冬イルミネーション - 広場一帯が光の海に、恒例の“サンタダイバー”も
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る