RADO

ラドー

ブランドのはじまり

1917年、スイスにて創業。

ラドーについて

ラドー(RADO)はスイスの腕時計のブランド。

伝統的なスイスの時計メーカーと異なり、ラドーはユニークな素材、デザインなど「型」にはまらない時計作りをする。有名な例は、スクラッチプルーフ素材をはじめとする他のブランドではなかなか真似ができない超硬ケース。それらの特殊素材で作られる時計は美しい光沢を持ち、モダンなデザインをも可能にする。

ラドーの歴史は、1917年、アーネスト、ワーナー、フリッツのシュラップ(Schlup)家3兄弟が、スイスビエンヌの東にあるレングナウでシュラップ&カンパニーを創業したことに始まる。ムーブメントに特化した専用メーカーとしてスタートした。

1957年に「RADO」ブランドとして初のコレクションを発表。(社名をRADO WATCH CO. LTDに変更)

1962年、「ダイヤスター」を発表し、時計業界に革命を起こす。このモデルには世界で始めてスクラッチプルーフのハードメタル素材を採用。摂氏1450度の高温の炉で焼結し、ダイヤモンドの研磨機で磨くことで、美しい質感と堅牢性がありながら、傷がつきにくいケースを開発した。

日本に早くから紹介されたブランドとしても有名で、70年代、テレビ等で「スイスの超高級時計」として紹介された。高級であるのは確かであるが、実際のところ、超高級と言われるヴァシュロン・コンスタンタンパテック フィリップなどの時計メーカーに比べると、値段はリーズナブルな部類に入る。

86年、「インテグラル」を発表。これはブレスに世界で初めてハイテクセラミックスを使用した。

98年ブレゲオメガグラスヒュッテ オリジナルジャケ ドローティソなどを傘下に抱える、スウォッチのグループに入っている。

2005年、「V10K」を発売。これはハイテクダイヤモンドコーティングケースを使用した、世界で最も硬い素材の時計。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.rado.com/

ブランド・デザイナー紹介