TISSOT

ティソ

ブランドのはじまり

1953年、スイスにて創業。

ティソについて

ティソ(TISSOT)は1953年、スイスのル・ロックルにてシャルル・フェリシアン・ティソとシャルル・エミル・ティソの親子が創業。

時計職人であったシャルル・フェリシアンの教育を受け、若くして時計技術を身に着けた、シャルル・エミルはアメリカに渡り、更なる技術追求と海外の市場を学んで帰国。帰国後、ティソをブランド名しとして時計メーカーをスタート。

海外に目をむけ、時計を生産、アメリカ、ロシアに顧客がつき、特にロシアで大きなシェアを集めた。早くから生産ラインの合理化をはかり、1915年には生産ラインの機械化に成功。さらに合理化は進み、58年には単一ムーブメントを採用することで、部品の効率化をはかりコストを削減。

創業時から海外に目を向けて活動していたこともあり、現在、世界で約150カ国でティソの時計が販売されている。

コレクションの幅が広く、スポーティなのものからクラシカルなもの、モダンなデザインまで展開している。また高価な機械式時計だけではなく、リーズナブルな価格で購入できるクォーツ式時計も発表している。

現在はスウォッチのグループに入っている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.tissot.ch/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ティソ取り扱い店舗

Data - ティソの関連データ

用語: ムーブメント 機械式時計 クォーツ式時計 スポーティ ブランド: スウォッチ

ブランド・デザイナー紹介