Dr.Martens

ドクターマーチン

ブランドのはじまり

1945年、ドイツの医師、クラウス・マーチン(クラウス・マルテンス)がドクターマーチンソールを開発。

ドクターマーチンについて

ドクターマーチン(Dr.Martens)は、イギリスのシューズブランド。アイコンシューズは8ホールブーツ(8EYE BOOTS)。優れた耐久性から、1960年代に、ブルーワーカーと呼ばれる労働者から絶大な支持を得た後、イギリスのロックバンド「ザ・フー(THE WHO)」のピート・タウンゼント(Pete Townshend)がドクター マーチンの8ホールを履いたことで音楽の場でもアイコンとして若者に取り入れられる様になった。特に、パンクスに多く着用され、反体制を謳うときや、戦いの場でドクターマーチンがよく履かれてきた。

■歴史
1945年、ドイツの医師、クラウス・マルテンスがスキーの事故に遭遇した際に、リハビリ用に、タイヤのラバー素材に空気を入れて、ドクターマーチンソールを開発。古いタイヤをアレンジしたものだが、クッション性に優れていたという。47年、大学時代の友人の後押しもあり、これをドイツから商品化した。

50年代、これを目に留めたのが、イギリスのR.グリックス社で、1960年4月1日、R.グリックス社と技術提携を結び、最初のブーツ、「1460Z」が発表された。(1460Zは発売日に由来したコードネーム)。

始めはワークブーツとしてのイメージが強く、おもに、労働者階級が作業用途で、郵便局員、警官や工場労働者が使用した。その後、反体制的な思想を持ち、意図的に髪を剃り上げるスタイルの「スキンヘッド」に浸透。彼らは労働者階級の象徴であったブーツとジーンズを着用し、徐々にファッションアイテムとして広がっていく。また、拍車をかけるように広まったきっかけの1つに、ミュージシャンの支持を集めたことがある。ビートルズ、ローリング・ストーンズ、クイーンなどの大物ミュージシャンが使用し、世界的に著名な映画監督・キューブリックの代表的な映画、『時計仕掛けのオレンジ』でも使用されるようになる。

このような労働者と音楽との結びつきは、自然にストリートカルチャーの一要素として扱われていった。モッズやパンクファッションもその一例で、ストリートファッションとのつながりの深いブランドとして成長していった。その後、ザ・スミス、オアシスなどがドクター マーチンのブーツを履いた。

2000年代に突入し、ドクターマーチンはAirWairというブランド名で伝統的な黒い靴、サンダル、つま先に鋼の入ったブーツといったさまざまなスタイルが発表された。ドクター マーチンはブーツを中心に、世界で、年間1,200万足を売り上げるまでに成長している。

2007A/Wコレクションでヨウジヤマモトとコラボレーション。山本耀司がドクター マーチンのオリジナルからインスピレーションを得て、ダークでテーラリングのイメージを加えたもの。 限定5ラインが2007A/Wシーズンに発売される。

2016年、シリーズ「ディーエムズ・ライト(DM's LITE)」が発売された。吸湿性のある低反発素材を使用したインソールと、タフさ・柔軟性を兼ね備えた超軽量アウトソールの組み合わせにより、抜群の快適さと耐久性を実現したシリーズ。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.dr-martens.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ドクターマーチン取り扱い店舗

Data - ドクターマーチンの関連データ

用語: ソール モッズ パンクファッション テーラリング インソール ブランド: ヨウジヤマモト

ブランド・デザイナー紹介