RIMOWA

リモワ

ブランドのはじまり

1898年、ポール・モルシェックが「RIMOWA(リモワ)」をスタート。

リモワについて

「RIMOWA(リモワ)」はドイツのスーツケースメーカー。

1898年にポール・モルシェック(Paul Morszeck)がRIMOWAのスーツケース工場をドイツ・ケルンに設立する。

それまでスーツケースで一般的だった木製のものよりも、もっと軽量なスーツケースを作り出すことを目指す。

1937年、ポール・モルシェックの息子リチャード・モルシェック(Richard Morszeck)は航空機のアルミニウムに着目し、世界で初めて軽金属製のスーツケースを販売する。

1950年、初の構造アルミニウム製スーツケースを完成。独特のリブが入った表面により、軽金属スーツケースをより丈夫で軽くした。この軽くて丈夫なスーツケースは、航空機の搭乗員や乗客の間で人気となる。

また防水性の高さから写真家などにも人気となる。1976年にはそれらのプロたちに応えるべく、カメラや写真機材用のシリーズを開発。

2000年以降、アルミニウムだけでなく、新しい素材のポリカーボネートを使用した製品も発表している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.rimowa.de/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

リモワ取り扱い店舗

Data - リモワの関連データ

用語: リブ

ブランド・デザイナー紹介