SEIKO

セイコー

ブランドのはじまり

1881年、日本にて創業。

セイコーについて

セイコーの歴史は1881年、服部金太郎が服部時計店を創業したことに始まる。

1882年には時計の製造を開始。時計製造工場として精工舎を設立。

1913年、日本国産では始めての腕時計「ローレル」を発表。1956年、日本国産としは初めての自動巻き時計「セイコーオートマチック」を発表。

60年、「グランドセイコー」を発表。64年の東京オリンピックでは公式時計を手がける。このころには世界の困苦ルールでも高い評価を受け、「SEIKO」は世界的な時計ブランドとして成長している。

1969年、世界で初めてクォーツ式時計を商品化し、「アストロン」を発表。月差で5秒という当時としては驚くべき精度の時計を発表する。この技術は時計産業の歴史を大きく変えた。機械式時計の産業は大きな打撃を受け、「クォーツショック」などと表現され、スイスの時計産業は暗黒の時代を迎えた。老舗時計ブランドの中には倒産に追い込まれるケースもあった。

クォーツ式時計は機械式時計の価値が見直されている現在に至ってもメジャーで、9割以上の時計がクォーツ式で生産されている。

ジェームズボンドの舞台が日本の時にはセイコーの時計をボンドが身につけた。

90年代、高級機械式時計の国内生産を再開。「SEIKO」というと「一般的に購入できる時計」というイメージが先行するケースもあるが、グランドセイコーをはじめ「クレドール」などのモデルは販売店も限定され、高級時計としての地位を確立している。クレドールなどは、ムーンフェイズ機能を搭載したモデルもある。

98年、バーゼルフェアにてムーブメント「スプリングドライブ」を発表。このスプリングドライブは機械式をクォーツで制御する独自機構で、クレドールやグランドセイコーにも取り入れられている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.seiko-watch.co.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

セイコー取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介