EDOX

エドックス

ブランドのはじまり

1884年、スイスにて創業。

エドックスについて

1884年、スイスのビエンヌでクリスチャン・リュフリーフルーリー(Christian Roufli-Flouri)が創業。ブランド名の由来は、古代ギリシャ語で「時間」を表す「EDOX(エドックス)」を選んだ。ブランドのマークは1900年ごから砂時計のマークが使用されている。

懐中時計が主流だった時代に腕時計の可能性を見出し、研究開発を進める。そして1920年代には腕時計を開発した。

1961年、「デルフィン」を発表。これは「ダブル・O-リング シール」という独自の機構で高い防水性を実現するもので、200mまでの防水を実現した。70年には全世界時間帯表示の「ジオスコープ」を発表。

また、全世界の時間帯を表示するワールドタイムシリーズを発表するなど、エドックスの高い技術力と、革新性、エレガンスを合わせもつメーカーとして、世界にその存在を示す。

98年、「レ・ベルモン(Les Bemonts)」を発表。カレンダー機能を搭載しているが、レ・ベルモンのために、1.4mmという世界で最も薄いムーブメントを開発して話題となった。

2005年からはパワーボートレースの「クラスワン」のチーム「スピリット・オブ。ノルウェー」の公式スポンサーとなっている。また2007年には公式タイムキーパーとなっている。

2007年から日本にも本格的に進出している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.edox.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

エドックス取り扱い店舗

Data - エドックスの関連データ

用語: レース ムーブメント 懐中時計

ブランド・デザイナー紹介