ホーム > ファッション用語集 > 時計用語 > クォーツ式時計:Quartz clock

クォーツ式時計:Quartz clock

解説:クォーツ式時計について

クォ-ツ式時計は水晶で作った水晶振動子を時間調整のために使用している時計。電圧を加えると毎秒3万2768振動する水晶の特性を生かして調速を行う電池式のムーブメント。

電池の動力によりムーブメントの中にある水晶振動子が振動、その振動が集積回路に伝えられてパルス信号に変わり、モーターを経由して歯車をまわすことによって時計の針が動く。

機械式時計だと日差数秒の精度に限界があるがクオーツの場合、月差数秒という高い精度を発揮できる。1968年にセイコーが初めて製品として販売した。

なお、針で時刻を表示するのがアナログで、数字で表示するのがデジタル。

Brands - 用語「クォーツ式時計」が使われているブランド

スウォッチ

…0年代後半、セイコーに代表される日本製のクォーツ式時計が世界の市場を席巻。スイスの時計産業(機械式時計)は、世界市場でのシェアを落とした。主にはアナログ式の時計…

ブランパン

…祖とも呼ばれるモデル。 70年代にクォーツ式時計の普及により経営が傾き、製造を停止(休止)しその歴史に一旦幕が下りる。しかし、83年、オメガから支援を受け…

ブライトリング

…ングは、クロノグラフ機能を充実させるためクォーツ式時計の生産も行っている。これらは一般的に高級クォーツと呼ばれクロノメーターのクォーツ部門の認定を受けている。…

コンコルド

…を高める。 1979年、アナログのクォーツ式時計「デリリューム」を発表。これは世界一薄いアナログ式クォーツとして話題となると共に技術力をアピールした。その…

ジラール ペルゴ

…はない。 70年代、スイスで最初にクォーツ式時計の生産を行う。その際、ジラール ペルゴが決定した周波数32,687ヘルスがクォーツの世界規格として用いられ…

ティソ

…ではなく、リーズナブルな価格で購入できるクォーツ式時計も発表している。 現在はスウォッチのグループに入っている。…

フレデリック コンスタント

… ハートビートのアイデアは機械式時計とクォーツ式時計の違いが一目でわかるよう、メカニカルな部分を見せる意図のもと考案された。なお、ハートビートのデザイン、設計…

モバード

…る。 近年、モバードは機械式時計とクォーツ式時計ともに生産している。またグループとしても成長し、コンコルド、エベル、ESQ Swissなどの時計ブランドを…

ユリス ナルダン

…調に成長するも、70年代、セイコーによるクォーツ式時計の影響で経営難に陥る。 83年、投資家のロルフ・W・シュナイダーがユリス ナルダンを買収。ブランドは…

ポール ピコ

…ている。 創業年の、1970年代はクォーツ式時計の登場によりスイスの時計産業か大きな打撃を受けていた時代。マリオ・ボイオッキは機械式時計の再興を目指して操…

1 last