CITIZEN

シチズン

ブランドのはじまり

1918年、尚工舎時計研究所を創業。

シチズンについて

「シチズン(CITIZEN)」は日本の時計ブランド。シチズン時計により運営されている。生産される時計はクォーツ式時計が主流。

1918年、尚工舎時計研究所として創業。24年、懐中時計「シチズン(CITIZEN)」を発売、これが現在のブランドへと繋がっていく。ブランド名のシチズンは「市民に親しまれる」という想いから名づけられた。

1930年、「シチズン時計株式会社」と社名を変更。(戦時中一時社名が変わるが、戦後にまたシチズンに戻っている。)

59年、国産初の完全防水ウオッチ「パラウォーター」を発売。66年、超小型銀電池を動力源とした国産初の電子ウオッチ「エックスエイト」を発売。73年、シチズン初のクオーツ腕時計を発売。95年、世界で初めて年差±3秒以内の超高精度クオーツ「シチズン クリストロン メガ」を発表。

76年、世界初のアナログ式太陽電池ウオッチ「ソーラーセル」を発売。98年、世界初の光発電&自動巻発電ウオッチ「プロマスター エコ・ドライブ デュオ」を発売。

「シチズングループ」のホールディングス化に伴い、社名を「シチズン時計」から「シチズンホールディングス」に変更し、新たに時計の事業子会社として「シチズン時計株式会社」を設立した。

2011年、「クロスシー」世界最小サイズの光発電エコ・ドライブ電波時計発売。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

シチズン取り扱い店舗

Data - シチズンの関連データ

用語: クォーツ式時計 懐中時計

ブランド・デザイナー紹介