RUSSELL MOCCASIN

ラッセルモカシン

ブランドのはじまり

1989年、アメリカにてウィル・ラッセルが「ラッセルモカシン」を設立。

ラッセルモカシンについて

ラッセルモカシン(RUSSELL MOCCASIN)はアメリカのシューズブランド。

ラスト(木型)から、皮の裁、縫製と手作りであり、また、一枚皮で作られているので、履きこむほどに足にフィットして、レザーシューズでありながら歩いていて疲れにくいことが特徴。創業から 現在に至るまで、熟練した職人により、丁寧にハンドメイドで作られている。

1989年、アメリカ、ウイスコンシン州にてウィル・ラッセル(Will Russell)が設立。樵(きこり)が自然の森の中でも履くことができるようハンドメイドのブーツを制作した。

ラッセルモカシンのブーツの高いクオリティはハンター達の間でも評価され、成長していった。その後、フィッシングとアウトドアを中心に愛用され、ラインナップが広がっていった。

現在に至っては、アウトドアはもちろん、デイリーシューズとしても愛用されている。

[ 続きを読む ]

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ラッセルモカシン取り扱い店舗

Data - ラッセルモカシンの関連データ

用語: 木型 モカシン ブランド: ハンター

ブランド・デザイナー紹介