ホーム > ファッション用語集 > シューズ用語 > 木型:last

木型:last

解説:木型について

木型(きがた)、ラスト(last)とも言われる。

靴を作るための原型となるもので、靴のデザイン、機能などを決める重要な要素となる。その他、靴のかたち自体を表現することもある。

一般的には、木、合成樹脂など足の形に基づいて作る。

News - 用語「木型」が使われているニュース

スペクタスの新作シューズ「GROCKER HI」マウンテンシューズをモチーフにした機能的なブーツ

スペクタスの新作シューズ「GROCKER HI」マウンテンシューズをモチーフにした機能的なブーツ

…I」は、登山用のクライミングブーツ専用の木型を用い、着用感に適度なゆとりを持たせて設計された。 …

クリスチャン ルブタンから40mmヒールのメンズシューズ、スパンコール輝くブーツも

クリスチャン ルブタンから40mmヒールのメンズシューズ、スパンコール輝くブーツも

…no」は、クラシックな「Greggo」の木型で仕上げた一足。底の方に向かって傾斜していく伝統的なキュ…

フットストック・オリジナルズ 2017年秋冬コレクション - ミニマルだからこそ光る細部へのこだわり

フットストック・オリジナルズ 2017年秋冬コレクション - ミニマルだからこそ光る細部へのこだわり

…際立つのはディテールや素材へのこだわり。木型は新調し、コバの幅などに注意して製作。ラストのフォルムバ…

Brands - 用語「木型」が使われているブランド

カルペ ディエム

…上の歳月をかけて美を追求した渾身の3型の木型をベースとするシューズを展開。 元wjk、現ジュン ハシモトのデザイナー橋本淳がマウリツィオ・アルティエリのデ…

メゾン ミハラヤスヒロ

…識を習得。職人から靴を作るときに使用する木型作りを学び、独学で靴作りを始める。96年、大学在学中にメーカーのバックアップもあり自身の名を冠したオリジナルブランド…

アルフレッド・バニスター

…ハイクオリティ)と日本人の足型に合わせた木型作りを追求している。 革の素材を使用した製品が多いこともあり、靴のデザインは大人っぽい雰囲気。デザイン性の割り…

チャーチ

…ら集めた最高級のもの。「73」と呼ばれる木型(ラスト)は創業時から受け継がれている。特徴は重く、堅く感じるが、履きなれると、足に馴染み、安定感がでる。吸排湿性で…

クロケット&ジョーンズ

… 大きな工場を持ち、世界中で最も多くの木型の種類を持つ靴メーカーとして知られ、デザインバリエーションや素材選びなど多くの選択肢をもっている。また生産ラインを、…

コルテ

…ガントな風合いを出す。もちろん、ラスト(木型)、アッパー・レザーの取り扱い、縁まわりのパイピングなど、技術も高い。 ピエール・コルテは靴作りに関して、次の…

オールデン

…使用、足のタイプにも適応力のあるラスト(木型)が人気を集めている。 オールデンと言えば、シェルコードバンとモディファイドラストが有名。モディファイドラスト…

ヤンコ

…ザイン、製造、販売の一貫性を導入、底材・木型も自社生産で行っている。これらの努力により生産性を飛躍的に向上。また、スペインのビスポーク靴のレベルを飛躍的に高めた…

アルトロ

…ルトロを始めるまでの数年間、サントーニで木型(ラスト)の開発をしていた。 マッツァ時代に、ブラック・ラピドという独自の製法(グッドイヤーウェルト製法とマッ…

リーガル

…ーガルの日本での展開を進める。アメリカの木型(ラスト)を日本人向けに改良してリーガルのシューズを販売する。 1990年、日本製靴がブラウン社よりリーガルの…