foot the coacher

フット ザ コーチャー

ブランドのはじまり

2000年、竹ヶ原敏之介が靴のブランド、フット ザ コーチャーを設立。

フット ザ コーチャーについて

フット ザ コーチャー(foot the coacher)は、日本のメンズシューズブランド。

デザイナーは竹ヶ原敏之介。美術系の大在学中から靴創りをゼロから独学で始める。94年、自身のブランド「竹ヶ原敏之介」を設立。96年、イギリスの靴ブランド、ジョージコックスのデザインを手がける。98年からトリッカーズのビスポークライン(オーダーメード)を手がける。99年に帰国し、2000年、カジュアルライン、フット ザ コーチャーをスタート。ブランドとしての「竹ヶ原敏之介」は改名して、オーセンティック シュー&コー(AUTHENTIC SHOE &Co.)にし、カジュアルラインをフット ザ コーチャーとして展開している。

ブランドでは、シューズ以外にも、アパレルやライフスタイルを提案するアクセサリーなども取扱う。
シューズは、原宿の旗艦店「ギャラリー・オブ・オーセンティック」をはじめ、有名セレクトショップを中心に展開される。

フット ザ コーチャーのデザイナープロフィール

デザイナーは竹ヶ原敏之介。高校生のころに、イギリスのシューズデザイナー、ジョン・ムーアやベネディクト・オコナーの作品に衝撃を受け、靴づくりを始める。94年、自身のブランド「竹ヶ原敏之介」を設立。

現在は、ブランドとしての「竹ヶ原敏之介」からフットザコーチャー、オーセンティック シュー&コービューティフルシューズ、フットストック オリジナルズな様々なブランドへとそのエッセンスは受け継がれている。その他、タカヒロミヤシタザソロイスト.やHYKE(ハイク)などのコラボレーションシューズも展開。

竹ヶ原は靴を作る中で大切にしていることに対して、「履き手の気持ちになって作ること。そうすると自然と心がこもったものになるし、履き心地や耐久性などにも配慮する。自分にとって靴を作るということは、本質的に良いものを履いてもらう為に、時代との調和を図りながらデザインをすることだ」と答えている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://galleryofauthentic.jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

フット ザ コーチャー取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介