CoSTUME NATIONAL

コスチューム ナショナル

ブランドのはじまり

1986年、エンニョ・カパサが兄カルロとともに「コスチューム ナショナル」を設立。

コスチューム ナショナルについて

コスチューム ナショナル(CoSTUME NATIONAL)はイタリアのファッションブランド。「Edgy Chic(エッジィ・シック)」と評されるデザインは、「ミニマル」をはじめ、多くのトレンドやムーブメントをこれまで創り出してきた。一貫してオーセンティックであることへこだわり、イタリア製の伝統的なテーラード技術に裏付けされた上質な服をつくり続けている。

ブランド名は世界のユニフォーム(コスチューム)を集めた写真集に由来。

コスチューム ナショナルの沿革・歴史

創業者のエンニョ・カパサは1960年、南イタリア・アプーリア地方のレッチェに生まれる。82年、ミラノの美術大学アカデミア・ディ・べッレ・アルティ・ディ・ブレラを修了し、ロシア構成主義の卒業論文で学位を取得した。その後1年間アジアを放浪。そのアジアの旅の途中で日本に訪れる。ファッションのスケッチを見せたところ山本耀司(ヨウジヤマモト)に認められ、83年からアシスタントとして働く。

86年、イタリアに戻り、兄カルロとともに「コスチューム ナショナル」を設立。87年「コスチューム ナショナル」というブランドでレディースコレクションを発表。カッティングの妙は山本耀司ゆずり。初期のデザインは細身でシャープなシルエット、モノトーン特に黒を使用したデザインが多く、シックでアンダーグラウンド、ロック調なイメージ。

91年にはパリでレディースコレクションの発表をスタートした。

93年、ミラノでメンズコレクション「コスチューム ナショナル オム」を発表(同時にシューズラインも立ち上げる)。フォーマルとカジュアルの境界線をなくすと同時に、スーパースリムなシルエットを考案。革のパンツや織物素材のジーンズにタキシードの上着を着るスタイルは世界的なトレンドとなった。

2000年素材への愛情から「コスチューム ナショナル リュクス」という希少な素材を贅沢に使用したレディースラインを出す。この年バッグ、革小物も発表。01年には香水「セント」も発表。

2004年 コスチュームナショナルのディフージョンラインとして「C'N'Cコスチュームナショナル(C'N'C CoSTUME NATIONAL)」発表。

2011年、東京・青山に旗艦店をオープン。

2014年、2014-15秋冬シーズンより、C'N'Cに代わる別ブランドとして「コスチューム アンド コスチューム(Costume and Costume)」を発表。ブランドイメージなども一新されている。

2017年、新たにクリエイティブダイレクターとして、メンズはファクトタムの有働幸司、ウィメンズはヤストシ エズミの江角泰俊を迎え、2018年春夏コレクションから本格的なブランド・リローンチを行う。イタリアと日本の文化、テクノロジーやクラフトマンシップを融合し、新たなクリエーションでブランドを再構築する。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.costumenational.com/

ブランド・デザイナー紹介