GEORGE COX

ジョージコックス

ブランドのはじまり

1906年、イギリス、ノーザンプトンにて設立。

ジョージコックスについて

ジョージコックス社は1906年にジョージ・ジェームズ・コックス氏によってイングランドのノーザンプトン州に設立。

時代を代表するデザイナーやショップの靴を作ることにより、徐々にその名声を高めてきた。創業から、グッドイヤーウェルト製法と、ジョージコックス社独自のウェルト製法により靴をを生産してきた。

ジョージコックスの名を決定的なものとしたのは1949年に発売されたBROTHEL CREEPARS(ブローゼル・クリーパーズ)と呼ばれる厚底の靴。この靴のソールにはクレープソールが使われており、この靴が世界で初めてラバーソールを採用した靴。

また1960年代のWINKLEP PICKERS(ウィンクルピッカーズ)と呼ばれるトンガリ靴の爆発的成功を収める。

1970年代に入ると、パンク系のデザイナーやバンドに愛用され、パンクファッションの靴として地位を確立した。

これまで、ジョン ローレンス サリバンシカタエフィレボルア ベイシング エイプG.V.G.V.ヴィヴィアン・ウエストウッドステューシーなどとコラボレーションを展開。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介