Manolo Blahnik

マノロ ブラニク

ブランドのはじまり

1972年、マノロ ブラニクが自身の名を冠したブランドでコレクションデビュー。

マノロ ブラニクについて

マノロ ブラニク(Manolo Blahnik)はイギリスのシューズブランド。1943年、スペイン領カナリア諸島生まれ。父はチェコ人と母はスペイン人で、バナナ農園で育つ。スイスのジュネーブ大学で美術と文学(言語学)を学びはじめるが、68年、舞台芸術家になるためにパリへ移住。

70年、旅先のニューヨークで知人に紹介してもらったアメリカ版「ヴォーグ」の編集長ダイアナ・ヴリーランドに靴デザイナーになるように進められる。1年後、ロンドンに渡り、靴作りを始める。その後ファッションチェーン店「ダミス」から靴の作成を依頼。成功への道を進む。72年、コレクションでデビュー。73年、ロンドンのチェルシーに旗艦店を立ち上げる。

現在は、ニューヨーク、香港等に直営店を展開。イタリアにある4つの工場を稼動させながらも最終的なデザインの仕上げはブラニク自身が行っている。自身も「私の靴には他の靴にないものがある、パーソナリティだ」と語る。

目打ち錐のように先のとがった靴で常に細く高いヒールのが特徴なスティレットヒールにリボン、ビーズなどを組み合わせたコレクションが目を引く。セクシーでカラフル、エレガントさを待ち合わせたデザインが特徴。(スティレットヒールと言う点ではセルジオ ロッシと同様だがマノロ・ブラ二クのほうが装飾が特徴的なイメージ、逆にセルジオロッシは素材が特徴的)

ジョン ガリアーノマイケル・コースなど、さまざまなデザイナーとコラボレーションを行い、マノロ ブラニクのデザインした靴はダイアナ妃やカイリー・ミノーグ、マドンナなどが履いたことで有名。2001年、ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートは、マノロ ブラニクに名誉博士号を送った。

2008年、エンターテイメント産業へのファッションを通した影響力が認められ「ロデオ・ドライヴ・ウォーク・オブ・スタイル賞」を受賞。この賞は過去、アルマーニなども受賞している。ブラニクの靴は、TVドラマで映画化もされた「セックス・アンド・ザ・シティ」などで使用された。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.manoloblahnik.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

マノロ ブラニク取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介